歴代最多記録の29連勝を樹立した将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(14)が7月11日、加古川青流戦で都成竜馬四段(27)との対局に臨む。

 藤井四段は昨年12月のデビュー戦から30勝1敗という圧倒的な成績を収めているが、このうち5人から2勝を挙げている。そのうちの1人が都成四段だ。初対決は6月7日の上州YAMADAチャレンジ杯、2戦目は6月10日の叡王戦段位別予選。わずか4日の間に2勝して以来、約1カ月ぶりの対戦だ。7月2日の佐々木勇気五段(22)戦に敗れ、連勝が止まったものの、6日の中田功七段(49)には終盤で逆転。やはり実力は本物だけに、再び連勝記録を作るのでは、という声もある。

 都成四段にとっても、負けられない一局だ。2敗を喫した後、AbemaTV(アベマTV)での対談企画に出演すると「藤井さんがいくら強いといっても、もっとやれただろうという気持ちもあったので、余計に悔しかった」と、リベンジに燃えていた。早々に訪れた絶好機だけに、三度目の正直で先輩棋士の維持を見せたいところだ。

 対局は午後2時から開始で、持ち時間は各1時間の早指し戦。AbemaTVでは、この対局を無料で完全生中継する。放送は午後1時30分から。

(C)AbemaTV

▶藤井聡太四段・加古川青流戦の対局はこちら