オチョア、スタンダール加入決定…昨季は5大リーグで最多セーブ

写真拡大

 スタンダール・リエージュが9日、マラガとの契約満了を迎え、フリーになっていたメキシコ代表GKギジェルモ・オチョアを獲得したことを発表した。

 クラブのスポーツディレクターを務めるオリヴィエ・レナード氏はオチョアについて「素晴らしいGKだ。国際的な経験があり、メキシコ、フランス、スペインのトップリーグで活躍した。メキシコ代表としての経験もある」とコメントした。

 オチョアは1985年生まれの31歳。母国のクラブ・アメリカでキャリアをスタートさせると、2011年夏にアジャクシオに移籍。同クラブの降格、2014年のブラジル・ワールドカップでの印象的な活躍もあり、直後にマラガへと移籍を果たした。しかしカメルーン人GKカルロス・カメニの牙城を崩せず、1年目の出場は0。2年目はカメニの負傷もあり、リーグ戦に11試合に出場した。昨シーズンはグラナダにレンタル移籍で加入。全試合フル出場し、欧州5大リーグのGKで最も多くのセーブを記録するなど活躍を見せたが、同時にリーガ・エスパニョーラ歴代で1シーズンに最も失点したGKという不名誉な記録も達成していた。(82失点)