中国の習近平国家主席は3〜8日、ロシアとドイツを公式訪問したほか、ハンブルクでG20サミットに出席した。王毅外交部長(外相)は「習主席は各国と共に、ハンブルク・サミットが杭州サミットを踏まえて前向きな進展を得て、G20協力の強化、世界経済の成長促進、グローバル・ガバナンスの整備に新たな貢献をする後押しをした」と説明した。中国新聞社が伝えた。

王部長は具体的点として以下を挙げた。

(1)開放的包摂を堅持し、世界経済発展の方向性を指し示した。習主席の主張は経済グローバル化を支える巨視的思考を体現するとともに、あまねく広がる発展及び連動式発展実現の詳細な説明も含み、各国の一致した賛同を得た。

(2)総合的施策を提唱し、世界経済成長の支えを整えた。習主席の一連の提案は現状に立脚し、時代に合わせて進歩し、長期的視点を持ち、強い実行可能性と時代感覚を備え、世界経済の成長にさらに広い空間を切り開いた。

(3)パートナーシップ精神を発揚し、各構成国の団結・協力を維持した。習主席はG20体制維持の観点に立ち、各国の立場の最大公約数の模索、各国の利益の最大合流点の拡大に長じ、パートナー精神堅持の重要性を強調し、一致点を集めて相違点を解消し、協力を強化するよう各国に呼びかけ、サミットの共通認識及び合力の形成を後押しし、G20協力に対する国際社会の信頼を保った。

(4)国際協力の推進に力を入れ、世界全体に資する中国の度量を示した。習主席は人類運命共同体構築の観点から、世界経済情勢、貿易、金融、デジタル経済、エネルギー、気候変動、開発、アフリカ、衛生、難民・移民、テロ対策などに関する各議論に参加し、中国の理念を詳しく説明し、中国の案を示し、国際協力の推進に力を入れた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)