LINE GAMESのキム・ミンギュ代表(LINE提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国インターネットサービス大手NAVER(ネイバー)の100%子会社、LINE(東京・新宿)は10日、ゲーム事業の強化に向け韓国に新会社「LINE GAMES」を設立したと発表した。

 LINE GAMESはLINEの100%連結子会社で、主にグローバル展開に向けたゲームの開発と運営を行う。
 また、LINE GAMESは韓国のゲーム開発会社「ネクストフロア」の発行済み株式総数の51%を取得した。ネクストフロアのキム・ミンギュ代表がLINE GAMESの代表取締役に選任された。
 LINEの出沢剛社長は、ネクストフロアの開発力と運営力がLINEのゲーム事業の発展・拡大に必要なものであり、LINE GAMESを通じ多様なコンテンツを全世界のユーザーに提供していくと述べた。
 キム代表は「LINEとネクストフロアのパートナーシップの強化を通じ、グローバルユーザーが多様に楽しめるゲームの提供に努力する」とコメントした。
hjc@yna.co.kr