【抹茶レシピに挑戦】part2 きめ細やかな泡と自然な甘み 抹茶の満月ラテ

写真拡大 (全5枚)

 まん丸の満月は心をホッと癒やしてくれます。そんな満月をほうふつさせる、癒やしの「抹茶の満月ラテ」をご紹介します。大切な人に入れてあげたら、とても喜ばれそう。心もグッと近づきそうです。

■用意する器具

・電動クリーマー(100円ショップのものでOK)

・カフェラテボウル、または大きめのティーカップ

・計量カップ(レンジで使えるもの)

・あれば茶せん

■材料

抹茶 小さじ2杯

牛乳 250ml

■作り方

250ml程度の牛乳を、計量カップに入れ、レンジで62度程度に温める。62度はミルクが一番甘く感じられる甘さ。

牛乳を温めている間に、抹茶小さじ2杯に、30ml程度のお湯を少しずつ足して茶せんで点てる。濃い、エスプレッソのような質感になる。抹茶は、「広島千茶荘47CLUB 」で購入。

5軻が温まったら、電動クリーマーで泡立てる。まず、ミルク表面にクリーマーの先を当てると、空気がミルクの中に入り込んでよく泡立つ。その後、クリーマーの先をミルクの中に入れてミルクを対流させると、ミルクの泡がきめ細やかになる。

点ててあった△遼茶に、泡立てたのミルクを足すと、抹茶ラテの出来上がり!

 夏は冷たい飲み物を多く取りがちだけれど、こんな自然な甘みの温かい飲み物は、身体にも優しそう。1日の終わりにゆったり味わってから眠りにつくのもいいですね!