SF映画史上最高の傑作として、公開後35年にわたり語り継がれる『ブレードランナー』の続編『ブレードランナー 2049』が10月27日より日本公開となる。そして本日7月10日は、1982年にリドリー・スコット監督による『ブレードランナー』の日本公開日で「ブレードランナー記念日」。そんな記念すべき日に新旧ブレードランナー、待望の共演シーンの初場面写真がついに解禁となった。

オリジナル作品から30年後の2049年の世界が舞台となる本作では、前作に引き続き人間とは見分けのつかない“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”リック・デッカードをハリソン・フォードが演じ、今回新たにライアン・ゴズリングが演じる男が現役捜査官ブレードランナー“K”として登場する。そんな待望の“新旧ブレードランナー”共演シーンの初場面写真は未来の飲食店のような場所で2人が向き合い、デッカードが“K”に対し今にも殴りかかるかのような凄みを魅せる緊迫したシーンとなっている。

ハリソン・フォードは「この世界に戻ってこられて嬉しい。30年後(のデッカード)を演じるのは凄く面白かったし、昔の服がピッタリだったのも嬉しかったよ。時を経て、キャラクターを作り上げていく事はとてもやりがいがある」 と前向きなコメント。そして謎の多い本作について「デッカードと他のキャラクターの関係性がとても魅力的だ。『2049』では進化したテクノロジーとその社会的影響についても語られている。ストーリー・舞台・キャラクターが興味深く融合しているよ」と、35年ぶりの作品に並々ならぬ自信を見せている。 また、ブレードランナーを演じるライアン・ゴズリングは「ハリソン・フォードがセットに居なくても、常にそこに居るかのような存在感を感じたよ。ヴィルヌーヴ監督がチームに向かって時々言うんだ『ハリソンがそこに座っているとしよう。彼は 満足するかな?』って」とハリウッドの伝説的俳優ハリソン・フォードの圧倒的な存在感とブレードランナーを演じるプレッシャーを語った。

たった1枚の写真を見るだけでも、今なお色あせることなく、映画界と世界中のカルチャーを魅了し続けている『ブレードランナー』。現在考えられる最高のキャスト&スタッフが集結した『ブレードランナー 2049』で描かれる30年後の世界は、その圧倒的な映像美をよりパワフルに引き継ぎ、多くの謎を抱えながらも、新たな映画新時代の幕開けを感じずにはいられない。

■『ブレードランナー 2049』
2017年10月27日(金)より全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングの新旧共演