豊田真由子議員を擁護する地元民の声「地域の小さな行事にも顔を出してくれていた。みんな報道を悲しがっている」

写真拡大

 いま、もっとも悪評の高い衆議院議員・豊田真由子氏(42歳)。連日ネガティブな報道が続いている。一方で、地元の有権者から話を聞くと、挙がってくるのは、意外にも彼女を支持する擁護の声だ。

「老人会や商工会、子供たちのサッカー大会など、どんな小さなイベントでも呼ばれたら挨拶を地元の人と交流していた」(朝霞市在住の主婦)

「福祉関係者や商工会の方などに話を聞いたけれど、誰も彼女のことを悪く言わない」(新座市在住の介護職員)

 一連の報道とは真逆である。果たして、真実はどこにあるのか……。

◆元秘書にブチ切れした音声が流出

 ここ数週間、自民党の豊田真由子氏が元秘書への暴言・暴行をマスコミに暴露されたことが大きな話題になった。報道番組で「このハゲー!!」「違うだろ、違うだろ〜!」「これ以上わたしの評判を下げるな!!」といった凄まじい罵声が何度も流れ、トラウマぎみになった人も少なくないだろう。豊田氏は一連の報道を受け、先月22日に離党届を提出。現在は心身症のため、病院へ入院しているという。

 事態は沈静化するどころか、新たな暴言データが公開され、元秘書が暴行を受けたとして被害届を提出するなどの展開を見せ、“豊田アンチ”の流れはこの先もしばらく続きそうだ。

 しかし、私(記者)の故郷は、彼女の選挙区内である埼玉四区のうちの一区・朝霞市である。20歳を過ぎた頃には東京で一人暮らしをしていたため正直親しみは薄いが、親戚や小中学校の友人の多くは、いまも朝霞・志木・新座・和光に住んでいる。

 彼らに豊田氏について取材をしたら、いま報道されている情報以外の新たな側面が見えるかもしれない(ミュージカル調、赤ちゃん言葉以外の暴言ソングもあるかも)。そう思い、さっそく母親に連絡をとってみたところ……意外な返答が戻ってきた。

「豊田さんを悪く書くなら取材は受けない。地元の人は今回の報道をとても悲しがっている」

 親戚や友人にも連絡をとったが、やはり同様に彼女を否定する意見は少なかった。じつは、豊田氏は報道されているような極悪人ではないのでは……?

◆豊田真由子議員に対する地元の声は…

 そこで、記者は地元に戻り、複数の人たちから実際に話を聞いてみた。

「報道されているような人には見えない。市民センターの小さな行事にも顔を出してくれているし、地域の人には真面目に丁寧に接していた。そもそも、今回の件は事務所内での出来事。地域に貢献しているし、支持者も多く、政治家としてはちゃんとやっていたと思う」(和光市在住の主婦)

「握手するときにガシッと両手で強く握られたのが印象的。たぶん、すごく自信家なんだと思う。そういう男勝りでガツガツとしたところに、秘書はついていけなかったのかな」(和光市の公務員)

「豊田さんは、とにかく頭のキレる人。その頭の良さについていけるスタッフがいない印象だった」(朝霞市の商工会スタッフ)

「選挙前に和光市で、雪がふりしきり、みんな足早に通り過ぎるなか、一生懸命ビラ配りをしている姿を見たことがある。ピンクのジャケットが印象的で、とにかく華のある人だった。スタッフも大勢いて、みんな必死に動いていた。スタッフの入れ替わりは激しかったというけれど、人として魅力を感じるところがあるから、新しいスタッフも入ってきていたんじゃないかな」(新座市にある老人ホームのスタッフ)

 豊田氏の暴言が報道にもある通り、パワハラにあたる可能性はあるだろう。しかし地元の有権者に親しまれ、地域に貢献していたことも事実のようだ。そもそも元秘書は、車を運転する際に道を遠回りしたり、バースデーカードの宛名を間違えたりするなど、初歩的なミスを犯していた。上司として部下に注意するのは当たり前、元秘書にも非がないとは言い難いことから、やや疑問が残る。

 彼女は、中高と女子校御三家と言われる桜蔭を卒業。現役で東大法学部へ入学し、厚生労働省の官僚となった。血の滲む努力をして、政治家になったであろう彼女は、その責任感や生真面目な性格から、凡ミスを繰り返す元秘書に業を煮やしたのかもしれない。

 とはいえ、元秘書に精神的苦痛を与え安倍政権の大きな痛手になったのも事実。地元の有権者の一人である女性は、最後に「今回のことはしっかり反省し、また埼玉に戻って実力を発揮してほしい」と話した。

<取材・文/鈴木亜紀>