Girl′s Day、デビュー7周年を祝うパーティーを開催「すぐ10周年も来るでしょう」

写真拡大

Girl's Dayがデビュー7周年を自ら祝った。

Girl's Dayは9日の午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」を通じて、デビュー7周年を記念するライブ放送を行った。Girl's Dayは2010年7月9日、1stミニアルバム「Girl`s Day Party #1」をリリースし、音楽界にデビューした。

この日メンバーたちは直接記念ケーキを作りながら話し合った。ソジンは「来る途中、MAMAMOOさんのデビュー3周年を記念するバスの広告を見た」と話した。

彼女は「私たちの3周年が思い出せなかった」と話し、ヘリは「当時私が初めて短髪になった。それだけ覚えている」と話した。

ミナは「この前、長寿ドル(長く活動するアイドル) と言われたが、私たちがまだ長寿ではないでしょう。変な気持ちだ」と話した。これにヘリは「私たちはまだまだ爽やかだ」と明るく微笑んだ。

そしてソジンは「長寿ドルになりたいと言ってなれるのではない。最善を尽くさなければならない」と話した。

またヘリは「私は最近、周りから私たちの歌がいいとたくさん褒めてもらった。活動していた時のことをたくさん思い出した」と愛しい気持ちを示した。ソジンも「誇らしい。当時は忙しいスケジュールで感じることができなかったが、振り返ってみると幸せだった」と伝えた。

Girl's Dayは「7周年を迎えることになってとても嬉しい。すぐ10周年になる日も来るでしょう? 7年間、私たちの傍にいてくれたファンの皆様、所属事務所の代表、ダンサーの皆さん、スタッフの皆さんなどに心から感謝する。多くの方々のことが思い出される。今後もいつも感謝する気持ちで瞬間瞬間を一生懸命頑張る」と感想を伝えた。

ファンと一緒に祝うことができなかった残念な気持ちも示した。メンバーは「元々ゲリラ公演を開催しようとした。しかし雨が降って、場所を確保することができなかった。ファンと一緒にするゲームをメンバーとアイディアも出し合ったりしていた」と伝えた。続いてGirl's Dayは「ファンの皆様に会うことができなくて残念だ。また次の機会に良い場所を作ってみる」とつけ加えた。

最後にユラはファンに「よそ見をするのはいいけど、浮気をするのはだめだ」と話し、ミナと共に2011年に発表した「あなた 、よそ見しないで」を歌った。