バカリズム、滝沢カレン、小沢一敬(C)フジテレビ

写真拡大

【中居正広/モデルプレス=7月10日】きょう10日放送の「中居正広の神センス塩センス〜あの時どうすりゃよかったの〜」(よる9時〜)でいまだスマートフォンを持たない中居正広が人気アプリに初挑戦する。

【さらに写真を見る】中居正広、小島瑠璃子の“思わせぶり”な行動に説教

同番組では芸能人があらゆるシチュエーションで下した判断が正しい「神センス」な対応だったのか、それはありえないと誰もが思う「塩センス」な対応だったのかを問う。今回番組の第2部では、世界で7億人が見ているという「インスタグラム」について中居を中心に、ゲスト司会者・バカリズムをはじめ、小沢一敬、滝沢カレン、宮田俊哉とともに研究する。

◆中居正広が人気アプリに初挑戦


インスタグラムで話題を呼ぶ画像がどのようなものかを学び、実際に撮影してみようということで中居が人気の顔認識アプリ「SNOW」に初挑戦することに。スマホが顔を認識し、中居と子犬の顔が合成された中居の画像がスタジオ内に流れた瞬間、観客からは「可愛い!」という声が飛び交った。

中居自身は歓声に囲まれ戸惑うような表情を見せていたが、ひとたびヒロミと滝沢が顔交換をした瞬間中居は大笑い。ヒロミの顔になった滝沢の顔を指さして「ブサイク!」と大いに盛り上がる。

さらに、デート中のような写真がインスタグラムで話題を呼びやすいということで中居が誰かとデートをしているかのような画像を撮影してみることに。デートのシチュエーションを演出しながらインスタグラム用の画像を撮影する疑似体験をし、皆で大いに楽しむ。

◆2人の“関係性の実態”が明らかに


また、意外な関係性を持つさまざまな2人組が登場。仲の良い2人の間だからこそ起きてしまった様々な問題とそのときの対応について紹介していく。仲良しイメージを持たれている亀田3兄弟の長男・興毅、次男・大毅の2人の思いがすれ違った理由や、大久保佳代子といとうあさこが互いを「辛気くさい!」となじる理由、そしてYOUと藤井隆が互いをおば、甥と呼ぶ合うほどの関係性の実態が明らかとなる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】