女優の加藤紀子が自身のブログで、20年前に出演したCMで起きていた“奇跡”を明かした。

 加藤は自身のブログで、ネットに投稿されていたという20年前のCMを見ていて気がついたという、驚きの事実について報告。それは、NTTパーソナル中国のPHSのCMで、部屋でくつろぐ加藤の携帯電話に、「ツキアッテクダサイ ヒロシ」というメッセージが届くというもの。メールの送り主の名は、現在の加藤の夫である、TOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシと同じ名前である。

 そもそものCMの内容は、加藤によると「PHS、ピッチと呼ばれる携帯電話から ショートメールに簡単な絵文字を添えて送れるようになったよ!! という画期的なお知らせCM」。

 加藤が「最近の男の子って、『好き』とか直接言えなくて、キャラメール使って告白してるんだって。そういうの、嬉しいかなあ?」と誰かに話し、電話を切って部屋でくつろいでいるところへメッセージが届き、読んでみるとまさかの告白。「結構うれしい」と顔をほころばせるというものだ。加藤は「携帯に送られたメッセージで告白だなんて 画期的だし!嬉しいし!と、2つの意味に驚き喜ぶシーン」について、機能面については「(20年後の今、携帯で写真を撮ったり動画で会話したり音楽聴いたりしているなんてこの世の中はどこまで進化していくのだろう)」と時代を感じながらも、「時が経ち、見直した私が何に一番驚いたかというと その画期的だった機能ではなくメッセージの送り主がまさかの ヒロシ!! 夫の名前だった!! そのヒロシの妻だよ、今!! 偶然の奇跡!!」とびっくり。「一人盛り上がった夜が過ごせました。こんな事ってあるんだなー」と感慨深い夜になったようだ。

※ 加藤紀子オフィシャルブログ より