『銀魂』原作・空知英秋、実写映画は「小栗旬のシャクレ顔」がお気に入り

写真拡大

映画『銀魂』の公開を記念した特番「映画『銀魂』公開直前特番」がテレビ東京にて7月6日に放送。そこで、万事屋3人の対談が実現し、作品の裏話などを明かした。

本作は、累計発行部数5,000万部を超える、週刊少年ジャンプの人気同名コミックス(集英社刊/空知英秋)が原作。パラレルワールドの江戸を舞台としたギャグとアクション、そして人情を詰め込んだ“痛快エンターテイメント”だ。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗旬)と、銀時とひょんなことから出会った仲間の志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)ら“万事屋3人”の身に起きるさまざまな事件を描く、笑いあり感動ありの物語となっている。

撮影中、笑いを堪えることが大変だったという『銀魂』の現場。その中で、「一番笑ったことは?」という質問に、菅田は「笑いすぎてよく覚えていないですが、最初のインパクトとして“カブトムシ狩り”」と明かし、小栗も「大きいカブトムシになっている吉沢(亮)くんが面白かった」と同調。また、「一番大変だったこと」を聞かれると、橋本は「アクションシーン。走りの動きとか1つ1つも格好良く見せなきゃいけないので大変でした」と言い、続けて小栗は「(撮影時間が)長かったことですかね。夏だったので、1回のアクションでビショビショになっちゃうんですよ。でも脱げないから、(衣装が)濡れているんですよね。その不快感たるや」と苦い表情を浮かべた。

さらに、「一番好きなセリフ」については、小栗は「“ラーメンこぼして捨てた”ってセリフが銀ちゃんらしい」と挙げ、橋本は「“中の人が気絶してるんじゃないアルか?”。エリザベスとのシーンは好きですね」とのこと。そして、菅田が「小栗さんが一瞬猪木になるシーン。“こいコノヤロー”って言う、あれは面白い」と話すと、小栗は「それは(原作者の)空知先生も一番好きなシーンで挙げてくれている。“小栗旬のシャクレ顔”」と明かしていた。