ママ友からの気が進まないお誘い…嘘をつかずに上手に断るテクニック

写真拡大

ママ友からのランチやお茶のお誘い。忙しいときや、疲れているときなど、気が進まないこともありますね。

ママ友いなくても子どもに影響ない!? 「ママ友0人生活」のメリット・デメリット

また、そもそも気が合わなくて、お付き合いそのものを遠慮したいママ友だという場合もあるでしょう。

とはいえ、子どものことや今後のことを考えると、断るのも気がひける。仕方なく、無理に出かけて、どっと疲れて帰ってくる……。

こんな経験があるママはいませんか。

楽しいはずのお誘いが、負担になるのはしんどいですね。上手な断り方を心得て、時間を有効に使いましょう!

断ることへの不安を見なおす

そもそも何故、ママ友からの誘いを断るのは気が重いのでしょうか。

これはおそらく「断ると、何らかのデメリットが生じる」という無意識の思い込みがあるからです。

誘ってくれたママ友に、嫌な思いをさせるのではないか今後、ママ友のお付き合いに誘われなくなってしまうのではないか子どものお友達関係に支障がおきるのではないか保育園や幼稚園に関する情報が入ってこなくなるのではないか

多くは、こうした不安から、気の進まないお誘いにもなんとなくお付き合いをしてしまう、というように自分に無理をさせてしまうのです。

でも、よく考えてみてください。これらの不安は、真実でしょうか。または、それほどまでに大きな支障のあるものでしょうか。

一度、抱えている不安を俯瞰してみてください。たいていは思い込みだったり、たいした問題ではないことだ、と気づくことができます。

・相手に嫌な思いをさせる

→相手がどう思うかは、相手にしかわからない。一時的に嫌な思いをさせたとしても、他でフォローすればいい

・ママ友のお付き合いから外される

→ 外されても、自分と家族の生活に、大きな影響はない。断って仲間から外されるくらいなら、そこまでの薄い関係だ

・子どものお友達関係に支障がおきる

→ 子どもは子どもで人間関係を作っていくものだ。ママ友のしがらみに、子どもを巻きこむ必要はない

・保育園、幼稚園に関する情報が入ってこない

→心配ごとがあれば、先生に確認すればいい。うわさ話は聞かないほうが、先入観を持たずにすむ

こうした発想の転換で、気持ちを整えてください。

断る理由を偽らず、本音をうまく伝える

気持ちがのらないだけなのに「子どもの体調が悪い」「出かける用事がある」など、嘘の理由を作りあげてしまったことはないでしょうか。

理由を無理に偽ることは、極力避けましょう。小さな嘘をつくことで、さらなる嘘をつかなければならなくなる場合もあり、そうしたことは自分を苦しめるものです。

なるべく本音を伝えたほうが、自分の気持ちもスッキリします。

例え「気が進まない」という理由でも、表現を工夫すれば、角の立たない言い方になります。

・疲れているので、身体を休めたい

→「お誘いありがとう。最近、忙しくて、ちょっと疲れ気味なの。なるべく身体を休めたいので、遠慮しておくね。」

・家でやりたいことがある

→「お声かけありがとう。今、どうしても家でやりたいことがあるので、ごめんね。」

いずれも、【誘ってくれたことはうれしい】という気持ちと【ありがとう】のお礼は伝えましょう。

また、再度誘われることを負担に感じるのであれば、安易に「また今度」などと言わず、欠席の意思と御礼を伝えることのみに、とどめましょう。

「正直、もう誘ってほしくない!」という場合は、ライフスタイルの違いを伝える

「正直、ママ友との付き合い自体が、面倒くさい」という場合は、これ以上の誘いがこないようにしたいものですね。

これは、ライフスタイルの違いを伝えることで解決します。

・趣味をもっている

→「子どもが幼稚園に行っている間は、趣味の〇〇に時間を使おうと思ってるの。誘ってくれてありがとうね。」

・人みしり

→「実は、こうみえて結構、人みしりなの。お誘いはうれしいのだけど、緊張しちゃうので遠慮しておくね。」

・マイペース

→「私、不器用だからいろいろな用事をこなせなくて。家のことで手一杯なので、ごめんね。」

いずれも、その場を取り繕うような嘘を言わず、本当の理由を伝えることがポイントです。

断り上手になることで、自分も家族も大切にできる

断り上手になることは、自分や家族を大切にできることに比例します。無理にママ友付き合いをしても楽しくないのであれば、それは、自分の気持ちをないがしろにしているということ。

自分を大切にできないと、家族や友人を大切にすることはできません。自分の気持ちを尊重することを、自分に許してあげましょう。

また、お付き合いで疲れているママの姿は、子どもの目にもよくありません。「自分の本音を上手に伝える」という姿勢を、ママ自身が体現し、いつも気分よくいられるようにしてください。

そうしたスタンスは子どもにも受け継がれてゆきます。

ぜひ、【正直な断り上手】になってくださいね。