鉄道での旅行といえば「駅弁」。地域の特産物が美しく盛り付けられた駅弁を旅のお供にする人も多いだろう。

 現在Twitter上では、贅沢すぎる駅弁が話題となっている。

 こちらはJR新大阪駅構内、エキマルシェ新大阪の「神戸ビフテキ亭DELI」で販売されている駅弁。その名も「日本一の牛肉弁当 極」。

 こだわりの神戸牛のシャトーブリアン、サーロイン、そして熟成黒毛和牛のローストビーフがふんだんに盛り付けられており、そのお値段はなんと30,000円(税別)!

 Twitterユーザーからは、豪華すぎる内容や見た目を「肉の暴力」と表現したコメントが寄せられたほか、「新幹線で大阪から東京まで往復できる」「ほっともっと(Hotto Motto)の『のり弁当』が92個買える」と、ほかのものに置き換えて、いかに高価なのか説明する人も現れた。

 ちなみに同店では、さらに贅沢な「神戸牛づくし 牛肉弁当 天」も販売されており、そのお値段、なんとなんと50,000円(税別)!

 こちらは完全予約制となっているが、いったいどんな人が購入するのだろうか。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら