先日、米ノースカロライナ州アシュビルにある警察署に1本の通報が入った。

内容は騒音に関する苦情である。

道路で水遊びをする子ども達

しかし、警察官が現場に駆け付けると、騒音は子ども達の歓声であると判明した。

「ヤバい!お巡りさんが来ちゃった…」と驚き、意気消沈する子ども達。

実は彼らは、道で即席のウォータースライダーを作って水遊びを楽しんでいたのだ。

問題ないので、輪に加わる警官

しかし、一般の車や緊急車両が通るスペースは十分に確保されており、警官らは「問題なし」と判断した。

それだけにとどまらず、2人の警察官は住民に交じって、ウォータースライダーを楽しんだ。

Asheville Police Department/Chuckie Velvet/Facebbok

Katlen Joyce Smith/Facebook

言わずもがな、周囲は笑いと歓声に包まれた。

Facebookで公開

アシュビル警察では、この時の様子をFacebookで公開。

一方、水遊びに加わっていた、Katlen Joyce Smithさんは自身のFacebookでこう綴っている。

2人の警察官もスライダーを楽しんでいました。

通報した人にもこの光景を見せてあげたい。

尚、同動画の再生回数は70万回に迫っており、4400人が「いいね!」などしている。

動画を見た人からは、「一緒に楽しめて良かったですね」「子ども達もお巡りさんに親しみを持ったことでしょう」「愛と楽しさはあっていいよね」等、称賛の声が寄せられている。