英ロンドンのグレート・オーモンド・ストリート病院前で、チャーリー・ガードちゃんの治療継続を訴える両親の支持者ら(2017年7月9日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】まれな遺伝子疾患を発症し、末期症状にある英国の赤ちゃんの両親が9日、治療のため渡米させる許可を求め、35万人以上の署名が添えられた嘆願書を赤ちゃんの治療を行っている病院に提出した。この赤ちゃんの治療をめぐっては先月末、欧州人権裁判所(ECHR)が、延命治療を終わらせるべきとした英高等法院の判決を支持する判断を下していた。

 英ロンドン(London)のグレート・オーモンド・ストリート病院(Great Ormond Street Hospital)前では、生後11か月の男児チャーリー・ガード(Charlie Gard)ちゃんの両親であるコニー・イエーツ(Connie Yates)さんとクリス・ガード(Chris Gard)さんの元に支援者らが集まり、チャーリーちゃんが米国で試験段階にある治療法を受けるため渡航を許可するよう呼び掛けた。

 チャーリーちゃんの治療をめぐっては、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領やローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王も治療の継続を支持する発言をするなど、国際的な注目が集まっていた。病院側は7日、「新たな証拠」に言及しつつ、男児の治療が可能かについての再審理を裁判所に求める予定だと明らかにしていた。

 これに先立ち裁判所は、チャーリーちゃんは回復の見込みがなく、生命維持装置を付けたままでいることは苦痛を長引かせるだけとの判断を下していた。チャーリーちゃんが発症している型のミトコンドリア病は、心臓などの主要な臓器を含め、進行性の筋力低下を引き起こす。裁判所の審理は10日に開かれる見込み。

 病院前でイエーツさんは、「彼は私たちの息子であり、私たちの肉体、そして血そのものだ。彼に生きるチャンスを与えるかどうかを決めるのは、両親であるわれわれの権利であるべきだと思う」と述べ、「失うものは何もない。彼はチャンスを受けるに値する」と続けた。

 米議員のブラッド・ウェンズトラップ(Brad Wenstrup)氏とトレント・フランクス(Trent Franks)氏は、チャーリーちゃんに米国籍を与えるようトランプ氏に要請。また支援を呼び掛けるためツイッター(Twitter)に開設されたアカウント「@charliesfight」では、「大統領令によって米市民にしてください」と文字が添えられたチャーリーちゃんのイラストがリツイートされている。

 病院側は、英高等法院およびECHRにおいて両親の訴えが退けられたことを受け、チャーリーちゃんの生命維持装置を外すことになっていた。
【翻訳編集】AFPBB News