イ・ヒョリ&IU、スーパースターとして活躍する2人の共通点とは?生活に隠された寂しさを共感(動画あり)

写真拡大

「2人のスーパースターに仕えるようになったな」

音楽界の女王とホットなスターが民宿の社長と職員として出会った。イ・ヒョリとIU(アイユー) の話だ。二人は活動の時期は異なるが、誰よりもお互いのことを理解し、共感した。

昨日(9日) 韓国で放送されたJTBC「ヒョリの民宿」では、IUがスタッフとして初めて出勤した。イ・ヒョリはIUの登場を全く予想していなかったため、明るい笑顔で迎えた。イ・サンスンも「2人のスーパースターに仕えるようになった」と喜んだ。

特にイ・ヒョリとIUは若くしてデビューし、トップスターになったということで共通点がたくさんあった。それで二人はお互いの気持ちをよく分かっていた。

イ・ヒョリは「IUは一人で旅行したこともないと言った。私と同じだ。(IUは) 16歳の頃から芸能界で活動を始めた。私は20歳で始めたからそれでもましだ」と話した。

続けてIUが「中学時代の友達が二人いる。本当に親しくて旅行に行ったりはしない」と告白すると、イ・ヒョリは「人生が変わったので会話が難しくなった。私は彼女らの同級生だったが、芸能人だった」と吐露した。

このようにイ・ヒョリとIUはお互いに共感し、急速に親しくなった。イ・ヒョリはIUのような娘がいたらなあと希望を語った。

たとえこれまで歌手として追求してきたコンセプトは異なっても、二人はかなり似ていた。華やかに見える生活に隠された寂しさまでも共感することができた。二人の出会いは必然的なものに見えた。

二人はこれからもっと仲良くなる見通しだ。単に社長とスタッフ、音楽界の先輩・後輩関係を離れ、良い友達のような存在になると見られる。

一時代を象徴する存在として人気を博したイ・ヒョリとIU。果たして二人はこれから「ヒョリの民宿」でどんな話を交わし、慰め合うのだろうか。