来季は敵として戦うことになるモウリーニョ監督(左)とFWウェイン・ルーニー(右)【写真:Getty Images】

写真拡大

マンチェスター・ユナイテッドの指揮官のジョゼ・モウリーニョ監督が、先日発表されたFWウェイン・ルーニーのクラブ退団、エバートンへの移籍についてコメントを残した。クラブの公式サイトが伝えた。

 ルーニーは2004年にエバートンから移籍して以降、長年にわたりマンチェスターユナイテッドのタイトル獲得に貢献してきたが、モウリーニョ監督が就任した昨季は出場機会が激減。以前のようにエースとしてチームを引っ張っていく姿を見ることはできなかった。

 モウリーニョ監督はクラブのレジェンドとなったルーニーについて、「私がずっとウェインのファンであったことは秘密でも何でもない。彼はクラブの中で長きにわたりプロとして模範であり続けた」と評価しているが、一方で十分な出場機会が与えられなかったことが移籍の主な理由であったことも明かしている。

 「十分な時間プレーがすることができない偉大な選手を見ることは簡単なことではない。だから彼がエバートンに戻りたいと言ってきたとき私は何も口出しすることができなかった」

 モウリーニョ監督とルーニーは、来季は同じプレミアリーグを争う敵として戦うことになる。両者の戦いに注目が集まるだろう。

text by 編集部