ジョゼ・モウリーニョ監督がウェイン・ルーニーへエールを送った

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、エバートンに復帰したFWウェイン・ルーニーへ敬意を表した。英『ミラー』が報じている。

 モウリーニョ監督がユナイテッドの指揮官に就任した今季、ルーニーは2004年夏に加入して以降、最低のプレミアリーグ25試合の出場にとどまった。そのため、中国移籍など盛んに報じられていたが、9日に13年ぶりのエバートン復帰が発表された。

「ウェインのことを私が長年尊敬していることは秘密でもなんでもない。彼はプロとしてユナイテッドの象徴だった。これから先もユナイテッドの歴史に残り続けるだろう」

 ルーニーの放出は厳しい決断だったと話すモウリーニョ監督。「偉大な選手が望んでいるだけのプレー時間が得られないのを見るにはつらいものがある。エバートンに移籍したいという彼の決断を無下にはしたくない。彼の経験、集中力、決断力がこれから恋しくなるだろう。これから先の幸運を祈っている」とエールを送った。


●プレミアリーグ2017-18特集