学生の窓口編集部

写真拡大 (全21枚)

「花の都」とも評されるフィレンツェは、街全体が「屋根のない美術館」と言われるほど、そこかしこに芸術が息づく街です。15〜16世紀には、メディチ家の統治の下、ルネサンス文化が花開きました。ダヴィンチ、ミケランジェロ、ボッティチェリ、ラファエロ……歴史的な名画が一同に会す、美術や歴史好きなら一生に一度は訪れたい夢のような観光地ですね。

そこで今回は、そんなフィレンツェの人気の観光地を最新情報とともにご紹介。フィレンツェへの旅行を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

■治安

メトロや美術館は要注意!人気の旅行先ヨーロッパでスリ被害に遭わないための心得

「花の都」フィレンツェは、トスカーナ州にある県で市街中心部は「フィレンツェ歴史地区」としてユネスコの世界文化遺産に登録されています。

イタリア政府がここ数年、マフィアの取締り強化、不法移民などの問題を政府が解消しようと治安対策に取り組んだ結果、凶悪犯罪は減少したようです。

ただ、イタリア国内で日本人観光客をターゲットとした犯罪は増加していて、手口もより巧妙化しています。スリや置き引きのほか、ニセ警察官が「偽札や違法薬物の捜査」と近寄り、所持品検査を装って現金やクレジットカードを窃取する事件も増えてきているようです。まだまだ犯罪のいたちごっこは続きます。くれぐれも事件に巻き込まれないようにしてください。

■時差

日本とフィレンツェの時差はマイナス8時間で、日本の方が8時間進んでいます。サマータイム中はマイナス7時間で、日本の方が7時間進むようになります。

■飛行時間

日本(成田)からフィレンツェ・ペレトラ空港への直行便は現在ありません。ミラノやローマから国内線乗継ぎで移動するのが主です。空路の玄関口は、サンタ・マリア・ノッヴェイロ駅です。

イタリア国内ローマ(フィウミチーノ空港)かミラノ(マルペンサ空港)まで東京から直行便で12時間〜13時間、そこから乗り換えて飛行機ならフィレンツェ・ペレトラ空港まで国内線で移動しましょう。

イタリアでも国内移動は格安LCCを使えばぐっと予算が抑えられますので、イージージェット、エアーワン航空、ライアンエアー、メリディアーナ航空など、各社のフライト時間をチェックしましょう。もちろん、インターネットからダイレクトに予約するのがおすすめです。

■旅費

フィレンツェは直行便が飛んでいないため2都市以上周遊すれば効率のいい旅行ができるでしょう。
ここでは、自由に組み合わせの効く「ダイナミックパッケージ」でフィレンツェ旅行をする一例を挙げますが、自分で行動しなければなりませんので、イタリア初心者には不向きです。

まず日本からイタリアの都市(ミラノ・ローマなど)に入ってからLCC(またはイタリア高速鉄道)でフィレンツェに移動します。格安航空券で往復のチケットがあるとその先の組み合わせは未知数ですので、基本の往復航空券購入時にコストダウンすると、旅行中に少し贅沢が出来るでしょう。

アジア系キャリア(シンガポール航空、アエロフロート、大韓航空、その他中東系キャリア)を利用すると、チケットだけで5万円〜(!)のセール商品が見つかる場合もあります。そこに宿泊や食事、旅行日数を追加して計算していくと、割安でのフィレンツェ旅行ができるはずです。

■言語

公用語は、イタリア語です。英語はあまり通じないと思って旅行をしましょう。大切なのは自分の意思を伝えることです。「使い方を教えてください」=コメ スィウーザ、「切符売り場はどこですか」=ドーヴェ ラ ビリエッテリーアなど、ちょっとした観光に使えるフレーズを覚えて行くと便利です。

■その他の注意事項

フィレンツェだけでなくイタリア全土では、タックスフリー(免税店)の加盟が増えています。お店1点で154.94ユーロ以上の買い物をした場合に適用されますので賢く利用しましょう。

利用の仕方は簡単で、お店で買い物をした後、店でパスポート番号を伝えて免税伝票を発行してもらいます。それをレシートと一緒に保管し最後にイタリアを出国する際に税関専用カウンターで税関スタンプをもらい払い戻しを受けましょう。EU国内周遊の場合は、最後の訪問国で手続きが必要です。

続いては、いよいよフィレンツェのおすすめ観光地をご紹介します。

フィレンツェのおすすめ観光地1.ドゥオーモ

13世紀、当時のフィレンツェの隆盛にふさわしく「できる限り荘厳に、かつ豪勢である」ことを旨として、ドゥオーモは1296年から172年の歳月をかけて建設されました。白、ピンク、グリーンの大理石の幾何学模様で飾られた美しい外観はかつてのフィレンツェ共和国の力強さを見せてくれます。

華やかな外側とは対照的に、内部はペネデット・マイアードの十字架、大規模な騎馬肖像画やロッビアの彩色陶板による美しいレリーフが飾られています。特に、クーポラ(ドーム状の屋根)に描かれた豪勢なフレスコ画「ヴァザーリ」「最後の審判」は見逃せません。このクーポラには463段の階段があり、登った先ではフィレンツェの街並みを一望することができます。もっとも見逃せないフイレンツェの観光スポットでしょう。

フィレンツェのおすすめ観光地2.シニョーリア広場

シニョーリア広場 は、古くよりフィレンツェの行政の中心として栄えてきた場所で、ヴェッキオ宮と沢山の彫刻の並ぶ彫刻廊ディ・ランツィから構成されます。フィレンツェ市民の憩いの場であり、ダビデ像やネプチューンの噴水の周りにはいつもたくさんの人が集まります。

フィレンツェのおすすめ観光地3.洗礼堂

ドゥオーモ前の八角形の建築で、ドゥオーモ同様美しい色大理石で作られている12世紀の建築「洗礼堂」は、ドゥオーモができるまでは聖堂としても使われていました。

あの有名な叙事詩「神曲」を編纂したダンテもここで洗礼を受けたといいます。3つのブロンズの扉が出入り口になっていて、東の扉には旧約聖書の様々な場面が描かれているのも見どころのひとつです。

扉の黄金の輝きはミケランジェロが「天国の扉」と称する程で、内部のクーポラ部分は「最後の審判」「創世記」などを主題としたビサンチン風のモザイクに飾られていて、厳粛な雰囲気です。

フィレンツェのおすすめ観光地4.ウフィツィ美術館

フィレンツェ観光に来たなら、ここに行かない手はありません。かつてフィレンツェ公国の行政局が置かれていた場所に位置する美術館「ウフィツィ美術館」。貴族たちの財力を結集したルネサンス美術の全てがここにあります。官能的絵画の代名詞ともいえる存在、ボッティチェリの「春」やラファエロの「ひわの聖母」などが展示されており、展示品の総数はなんと2500品。見学にはおおよそ半日ほどかかります。

美術館はダヴィンチ、ミケランジェロらのデッサンや版画が展示されている2階と、絵画の展示されている3階に分けられています。さらに、川の向こうのピッティ宮までを結ぶ「ヴァザーリの回廊」はダヴィンチやティツィアーノらの自画像ギャラリーなどがあります。

フィレンツェのおすすめ観光地5.ヴェッキオ宮

シニョーリア広場を見下ろす力強く優美なゴシック建築、街の紋章を持つ獅子像が特徴的な建物「ヴェッキオ宮」は、かつてのフィレンツェ共和国政庁舎です。

中庭の中央にはイルカを抱くキューピッドの噴水があり、市民たちが集い憩いの場として利用しています。現在も市庁舎として使われていますが、2、3階の宮殿部分は見学することができます。

また、2階の「五百人広間」はフィレンツェ共和国の会議場だった場所で、壁一面のヴァザーリ派のフラスコ画やミケランジェロの彫刻「勝利」で飾られていて豪華絢爛です。

3階に上るとヴァザーリにより設計された王侯貴族の住居「謁見の間」を見学することができ、共和国時代の会議室や法廷として使われた部屋の装飾、大理石や格天井が素晴らしい観光スポットです。

フィレンツェのおすすめ観光地6.ヴェッキオ橋

アルノ川に架かるフィレンツェ最古の橋「ヴェッキオ橋」。橋の両側には金細工の店や宝石店が並び、おしゃれなプロムナードを演出しています。

3つあるアーチ状の橋げたをふたつの頑丈な橋脚が支える姿は、当時のヨーロッパでは初めての試みだったそうです。このヴェッキオ橋は、フィレンツェの街の中で最も人通りが多いと言っても良いほど、毎日観光客で賑うスポットとなっています。

ヴェッキオ橋の中央にある東西に開かれたテラスからは、美しい街並みとヴェッキオ川の大パノラマを体感できます。

東側からはウフィツィ美術館の「ヴァザーリの回廊」を見ることができ、魅惑の一景を感じられるでしょう。ここからトリニタ橋を望んでの夕焼けはフィレンツェ一との評価があり、一見の価値がある場所となっています。

フィレンツェのおすすめ観光地7.ボーボリ庭園

ピッティ宮殿の裏手、約4万5000平方メートルの広大な広陵地に広がるこの庭園は、2013年世界遺産に登録されました。うっそうと広がる森の中に彫像や噴水、洞窟が点在し、後のヨーロッパ宮廷の造園モデルとも言われています。

庭園の周囲には、観光名所のドゥオーモやヴェッキオ橋などもあるため、世界遺産がまるごと堪能できる場所となっています。

宮中中庭の「円形劇場」、高台の「ネプチューンの噴水」「ベルヴェデーレ要塞」からフィレンツェの街の大パノラマを楽しむことができます。またボーボリ庭園内では、夏の間、野外コンサートやオペラなどの催しがあるので、その機会に訪れるのもおすすめです。

フィレンツェのおすすめ観光地8.アカデミア美術館

※画像はイメージです

アカデミア美術館はヴェネツィアの美術アカデミーが管理していたたくさんの作品を礎として、1817年に開館しました。14世紀から18世紀にかけてのフィレンツェ派絵画を中心に、約2000点を数える充実したコレクションを保存しています。特にルネサンス期のヴェネツィア絵画が揃っており、自由奔放な画家たちの筆致による豊かな色彩表現、大胆かつ劇的な構図の絵画に圧倒されますよ。

また、ここにはミケランジェロの作品が貯蔵されていて、ミケランジェロ広場に置かれている「ダビデ像」のオリジナルや「サン・マッテオ像」「パレストリーナのピエタ像」なども見ることができます。

水の都ヴェネツィアのルネサンスを彩った名画、彫刻の数々を、ぜひ堪能頂きたいです。

フィレンツェのおすすめ観光地9.サンタ・クローチェ教会

サンタ・クローチェ聖堂は、フランシスコ会の世界最大の教会でミケランジェロやガリレオをはじめとしたイタリアの偉人が眠る美しい墓碑があることで知られています。

著名人がたくさんこの教会に埋葬されていることから「イタリアの栄光の聖堂」としても知られていて、礼拝堂には、ミケランジェロ、ガリレオ、ロッシーニ、マキャヴェリなどの偉人を称えた記念碑が建てられています。

身廊には見事な木張りの天井と高いアーチが取り入れられていて、一歩中に入れば厳粛な空気に包まれるが、同時にいたるところに飾られている絵画や彫刻、フレスコ画の美しさにうっとりとしてしまいます。中でもドナテッロ作の「受胎告知」は見逃せません。金メッキの施された見事なレリーフで飾られているので必見です。
かつては革製品の工房としても栄えていたため、お土産に革製品を購入してみましょう。

フィレンツェのおすすめ観光地10.ミケランジェロ広場


街の東南、丘の上に位置するミケランジェロ広場は「フィレンツェの展望台」として人気の観光名所です。広場では中心にミケランジェロの記念碑、そしてダビデ像のコピーが置かれています。

ここではロマンチックな夜景を見ることができ、恋人たちのデートスポットとしても人気なため、夏は夜遅くまで賑わいます。

広場の眼下にはアルノ川が延び、目の前にはドゥオーモのクーポラが。さらに左にはヴェッキオ橋がはっきり見えるため、夜は建物や橋がライトアップされるとロマンチックに拍車がかかります。

近くにはカフェやバーもあるので、疲れたら迷わず休憩してみてください。フィレンツェの美しい光景がよみがえるでしょう。お腹が空いたらもちろんお店自慢のパニーニを注文してお腹も一杯に満たしましょう。

フィレンツェのおすすめ観光地11.ジョットの鐘楼


フィレンツェの景色を観たいのなら近くのジョットの鐘楼に昇るのがおすすめです。高さ85メートルのゴシック様式の塔「ジョットの鐘楼」は、その荘厳な立ちざまから、詩人ダンテが自分の作品「神曲」でも触れた程。繊細なレリーフと色彩にかつてはこの塔を「過去の芸術よりも完全である」と呼んだ人が大勢いたそうです。

フィレンツェのおすすめ観光地12.オルサンミケーレ教会

オルサンミケーレ''教会"とはいえど、かつては商工会館、その前は穀物倉庫として建物が使われていました。外壁に飾られている様々な像は当時の有力な銀行家や商人、手工業の職人たちの守護聖人達を表していて、当時のフィレンツェの威厳や格式が垣間見えます。

内部に入ると、アーチ型の天井と天使の像、奥へ行くと礼拝堂を見学することができます。ここに納められた「聖母子像」の祭壇画のまわりには、アンドレア・オルカーニャが10年がかりで完成させた精巧な「浮き彫り」が施されていて、堂内全体に荘厳な雰囲気を漂わせています。

堂内は明かりがなく、少し薄暗いため観光の際は日の高いうちに訪れた方がいいでしょう。

フィレンツェのおすすめ観光地13.銀器博物館

この博物館はピッティ宮殿の1階にあり、大公一家メディチ家の「富」と「権力」を間近に感じることができ、金銀細工や宝石の数々、象牙やエナメルの展示を見ることができます。25個の展示室に施された室内装飾からは、メディチ家の当時の豪華絢爛な暮らしぶりや、装飾技術力の高さを伺い知ることができます。

また、ここでは15世紀以前に作られた美術的、歴史的に価値の高い豪華王ロレンツォの8つの壺などがある。ローマ共和国とササン朝ペルシアとの交易の証であった壺や14世紀に台頭したヴェネツィア派の壺からは、ローマがそしてイタリアがどれほど強大で歴史のある国かが、ありありと伝わってくるのではないでしょうか。

フィレンツェのおすすめ観光地14.ペルケノ

※画像はイメージです

外観は少し古びた雰囲気ではありますが、毎日のように観光客や地元の人で賑わうこのお店は、1939年創業のフィレンツェの老舗のジェラート屋です。ここペルケノでは保存料、添加物を使っていない最高級のこだわりのジェラートを食べることができ、フィレンツェのジェラート人気ナンバーワンと名高いと評判です。

フレーバーは数多くあり、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、クリームなどのトスカーナ原産の材料を使ったものから、とてもあっさりした季節のフルーツフレーバーまで数多く揃っています。他にもリコッタチーズやクロイチゴ、イチジクなどのめずらしい味もあり、全てがリーズナブルな値段で購入できるためお得感いっぱいですので、付近に観光に来た際はこのペルケノでジェラートを食べてみてほしいです。

フィレンツェのおすすめ観光地15.リヴォヴァール

※画像はイメージです

シニョーリア広場に面してある老舗カフェ「リヴォヴァール」は、立地が良いため、フィレンツェ市民が大勢訪れ、毎日のように賑わっています。

室内はテーブル席とカウンター席、室外にはテントをを張ったテラス席があり、ケーキやパン等々のスィーツの他、お茶と軽食が頂けます。なんでも、お店のイチオシはホットチョコレートだということで、街の人たちにとってもこのリヴォヴァールカフェで冬に飲むホットチョコレートは格別! とのことです。

もちろん夏でもオーダー可能で、これを含め、メニューのいくつかはカウンターならば手ごろな値段で味わえる。ランチには広場を眺めながらゆっくり食べるパニーニがおすすめです。

フィレンツェのおすすめ観光地16.ソスタンツァ トロイア

※画像はイメージです

観光客がたくさん訪れる、予約必須の老舗のレストラン「ソスタンツァ トロイア」。小さな店構えで、店内の相席は当たり前というフィレンツェの老舗ならではの空気感が味わえます。

親切で丁寧、そして愛嬌たっぷり茶目っ気のある店員さんは少しなら日本語を話すことができるため、日本からの旅行者は久しぶりの日本語に安心して食事をとることができるでしょう。

ここのアーティチョークのオムレツはフィレンツェ市民、世界各国の観光客ともに絶品の人気のメニューです。口の中に広がるふわふわ、とろりとしたあの食感はこの店ならではの逸品で、ソスタンツァ トロイア以外では味わえません。

また、メレンゲケーキもデザートにおすすめです! 料理一皿一皿の量が多く、そして絶品であるため、なにを食べてもきっと満足感が得られることと思います。

フィレンツェのおすすめ観光地17.トラットリア イ ドゥエ ジー

※画像はイメージです

フィレンツェ中央駅から徒歩2分、細い道に面した路地に位置するお店は、観光客、フィレンツェ市民、サラリーマンで賑わいます。

誰にでも分け隔てなく接客してくれるため、なんと言っても気分良く過ごせます。応対が丁寧で英語もしっかり通じるため、旅の疲れも癒えて、ゆっくりじっくり食事をすることができます。

トラットリア イ ドゥエ ジーでは「緑のリゾット」と呼ばれるトスカーナ原産ほうれん草とチーズを使った一品がよくオーダーされるそうです。同時に運ばれてくる特製チーズをかけると、また違った味わいを感じることができます。これこそ一度で二度おいしいしいランチ!といえるでしょう。

お財布に優しいこのリーズナブルな価格で絶品フィレンツェ料理をいただけるとあれば、滞在中は数回訪れたいものですね。

フィレンツェのおすすめ観光地18クアットロ・レオーニ

※画像はイメージです

フィレンツェで「超」が付くほど有名店とも言われるこのお店は、かつてハリウッドスターがおしのびで訪れた、と噂のお店です。近年フィレンツェが観光都市となり、外国人観光客に人気となってからは予約が取れないお店として知られています。

1550年開業という老舗のレストランで、少しお高めの料金設定ですが、おいしい料理が食べられるとあっては奮発せずにはいられません。

炭火でレア状に焼かれたトスカーナ産の最高牛は、日本とは違った食べごたえで、野性味があり想像を超えた最高級の味ともいえるでしょう。

場所はピッティ宮殿の近く、サント・スピリト地区に位置し、レストランの面するパッセラ広場からは中世の町並みが残っている景色やヴェッキオ宮殿を眺めながらの食事ができます。

フィレンツェのおすすめ観光地19.サンタマリア ノヴェッラ薬局

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局は、現存する世界最古の薬局と言われていて、約800年前の1221年、ドミニコ会の修道院が発足した頃から歴史が始まりました。この修道院はその後、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会へと発展し、フィレンツェで最も重要な教会の一つとなっていきます。

かつてフランス王妃のために、修道女たちが特別に香水を調合し、「オーデコロン」の源流を作ったのがサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局です。
この店は、元修道院あとに設置されて、天井にはフレスコ画、壁には歴代の主の肖像画が並びます。内部は広くて薬局博物館のようになっていて、美しい中庭、昔の薬草調合室、礼拝堂、博物館などを見て回ることができます。

フィレンツェのおすすめ観光地20.マンジャフォーコ

※画像はイメージです

イタリア人のご夫婦が切り盛りしているこのお店は、ご主人が全国からおいしいワイン、チーズ、ハム類を仕入れています。地元の紳士淑女もワインとおしゃべりをしに毎日のようにここへ通っています。毎回感動するようなおいしいワインを出してくれるため、何度通っても飽きることはないともっぱらの評判。お店ではワインのボトル売りもしているので、お土産目当てに試飲をすることもできます。

このお店はワインの他に、ハム、チーズがとても充実しています、フィレンツェにはおつまみを食べられるワインバーが何軒もありますが、マンジャフォーコのハム・チーズの商品充実度はトップクラスで、他では比較にならないほどのおいしいハムが揃っています。

フィレンツェのおすすめ観光地を最新情報とともにご紹介しました。ルネサンス期の文化が今に息づくフィレンツェは、一度の観光では回りきれないほどに見所がたくさん。ぜひ行きたい観光地をチェックして、最高の旅にしましょう。

執筆者:つかさあおい(ナレッジ・リンクス)

学生の頃から趣味だった旅行は、いつしか仕事になりツアーコンダクター歴は15年。日本国内(47都道府県制覇)と海外(12カ国40都市)を旅するように。現在は旅行ライターとしてまだまだ日本人が知らない現地ネタを情報発信中。ディープでおもしろい国内旅行、その土地ならではの海外の歩き方をご紹介します。