山本耕史

写真拡大

連続ドラマ『植木等とのぼせもん』が、9月2日からNHK総合で放送される。

【もっと大きな画像を見る】

『植木等とのぼせもん』は、植木等と小松政夫の物語を当時のテレビバラエティーや映画の撮影風景を交えながら描く作品。1960年代を舞台に、“スーダラ節”が大ヒットとなりスターになった植木等が、付き人兼運転手として、のちに小松政夫の芸名で活躍する青年・松崎雅臣と出会うというあらすじだ。

根が真面目で、「こんなふざけた仕事ばかりやっていて、人様の役に立つのか?」と自問自答する植木等役を山本耕史、植木等を「親父さん」と呼んで慕う、福岡から上京してきたばかりの松崎雅臣役を志尊淳が演じる。またクレージーキャッツのリーダー・ハナ肇役に山内圭哉、クレージーキャッツのメンバー・谷啓役に浜野謙太、植木等の妻・登美子役に優香、植木等の父・徹誠役に伊東四朗がキャスティングされているほか、武田玲奈、中島歩、でんでん、坂井真紀、富田靖子、勝村政信らが出演する。

原案は小松政夫の著書『のぼせもんやけん』。脚本は映画『聖の青春』『もらとりあむタマ子』『マイ・バック・ページ』などの向井康介が手掛けた。収録は7月上旬から9月上旬に行なわれる。放送は全8回を予定。

植木等は1926年生まれ、愛知・名古屋出身。小松政夫は1942年生まれ、福岡出身。タイトルにある「のぼせもん」とは博多弁で「すぐに熱中する人」を指す。