【超WS選定週間ベストイレブン/J1第18節】ミシャ救った浦和主将が初ノミネート!

写真拡大

▽明治安田生命J1リーグ第18節の全9試合が8日から9日にかけて開催された。超WS編集部が第18節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆第18節の超WS選定J1週間ベストイレブン

GK:六反勇治

DF:鎌田翔雅、岩波拓也、福森晃斗、車屋紳太郎

MF:ソウザ、阿部勇樹、橋本拳人

FW:小林悠、ラファエル・シルバ、ペドロ・ジュニオール

◆寸評

GK六反勇治(清水エスパルス/初)

▽ガンバ大阪の波状攻撃に動じることなく完封。相手の戦意を喪失させた

DF鎌田翔雅(清水エスパルス/初)

▽プロ初ゴールをゲット。守備も大崩れすることなく、カバーリングや寄せも的確だった

DF岩波拓也(ヴィッセル神戸/3度目)

▽復帰戦で安定感抜群のパフォーマンス。代えの効かない選手であることを改めて証明した

DF福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌/初)

▽直接FKから圧巻の2発。守備面で脆さを露呈したが、売りとする左足でチームを救う

DF車屋紳太郎(川崎フロンターレ/2度目)

▽好クロスから殊勲の2アシスト。後半に入って息を吹き返した

MFソウザ(セレッソ大阪/4度目)

▽攻守に躍動。2戦連発弾で柏レイソルとの大一番で勝利を呼び込む

MF阿部勇樹(浦和レッズ/初)

▽今季3得点目。ミスもあったが、強い気持ちがチームの士気を高ぶらせた

MF橋本拳人(FC東京/初)

▽2得点の活躍。災異を通じて攻守に好パフォーマンスを披露した

FW小林悠(川崎フロンターレ/2度目)

▽直近3戦5発と絶好調。今回のサガン鳥栖戦でも秀逸さな動き出しでアクセントに

FWラファエル・シルバ(浦和レッズ/2度目)

▽第8節以来の一発が逆転弾に。古巣との一戦で復活をアピールした

FWペドロ・ジュニオール(鹿島アントラーズ/2度目)

▽2発。直近5戦6発の数字が示すとおり、止められない存在になりつつある