【ピーマン大量消費に】ご飯がすすむ「じゃこピー」を作りおきしよう♪

写真拡大 (全4枚)

ピーマン大量消費にぴったりなレシピが!


炒め物やサラダに使うことも多いピーマンを、みなさんは普段どのように料理していますか?子どものなかにはやはりピーマンを好きになれない子も多く、調理法に困っているお母さん方も多いのではないでしょうか。そんな時ぜひ試してみてほしいのが、今回ご紹介する「じゃこピー」です!味付けがしっかりしてるのでピーマンの苦みが軽減され、子どもも進んで食べられそう。さらに、ピーマンを大量消費できるという優れたレシピ。ぜひ今夜の副菜に活用してみませんか?

じゃこの味わいを活かして、おいしく仕上げよう


用意する食材はピーマンとちりめんじゃこ。なんと使用するピーマンが8個以上のレシピばかり。かなりの量を一度に調理することができるんです。味付けはちりめんじゃこの塩味を活かし、追加する調味料は塩だけという究極にシンプルなものもあれば、醤油やみりん、お酒を使う和風なものまでさまざま。メイン料理の雰囲気に合わせて、選んでみましょう♪

塩でシンプルに炒めて!


ピーマンとちりめんじゃこの塩炒め♪

by もえちゃんはは

ピーマンをザクザク切ってちりめんじゃこと炒め、味付けはお塩のみ♡簡単1品です♪大量消費にも(*^^)v

白ごまを使った、和風テイスト


ピーマン大量消費☆旨い!ゴマじゃこピー☆

by かとさんの覚書!

子供も大好き!あっという間にぺろり(๑'ڡ'๑)♡
簡単で美味しいよ、マジで(笑)

梅干しも一緒に


やぶりピーマンの梅じゃこ煮

by せつぶんひじき

ピーマン丸ごと食べちゃおう!
豪快にやぶいてちぎって10分煮たら完成。簡単、ヘルシー、ちゃんと美味しいサブおかずです。

白ごまのレシピの場合は、たっぷり使うのが良いそうですよ。大量に作っておけば次の日のお弁当にも◎。ぜひ定番料理として、愛用してみてください。

「作りおきおかず」保存のルール



冷蔵庫や冷凍庫で保存…常温での保存は避ける

清潔な保存容器を使用する…水滴や汚れは腐敗の原因に

取り分け用の箸で取り出す…口に直接入れる箸や手でさわるのはNG

完全に冷めてからラップやフタをする…冷めないうちにフタをすると内側に水滴が付き、腐敗の原因に
3日1回は加熱して殺菌する(レンジ可)
お弁当に入れるときはレンジで再加熱&完全に冷ます
作った日付を記しておく

執筆:yomyon


東から西へ移動中。
食べることは、人と街を知ること。
日々、ぐるぐる探検中。