Jリーグ初観戦のポドルスキ、着ていた謎の「日本語Tシャツ」が話題に

写真拡大 (全6枚)

先週来日し、ヴィッセル神戸での加入会見を開いたルーカス・ポドルスキ

8日にはノエビアスタジアム神戸に足を運び、J1第18節神戸対仙台戦を観戦した。

気温26.2℃、湿度87%という蒸し暑いなかでの試合ということでポドルスキは半袖のTシャツを着ていたのだが、そのデザインがなかなか斬新であった。

白地に赤い丸、いわゆる「日の丸」デザインのTシャツ!

しかも胸元にはカタカナで何かメッセージが書いてある。

「ストリートキッカー」…?

ポドルスキは「STRASSENKICKER」というファッションブランドを立ち上げている。

ドイツ語では「シュトラッセンキッカー」と読むが、これを英語に直すと「STREET KICKER」になり、その言葉をカタカナで記すと「ストリートキッカー」になったわけだ。

💯CGN @poldi_official #strassenkicker #hometown #köln #colgne #style
STRASSENKICKERさん(@strassenkicker)がシェアした投稿 -

やっぱり欧米の人にとって、日本語のデザインに惹かれるものがあったのだろうか?

来日した際には、自身の愛称でもある「ポルディ」と書かれたキャップをかぶっていたポドルスキ。

今後もどんな日本語アイテムを使用してくれるのか注目だ!

画像:DAZN、Gettyimages