手のひらサイズ10cm立方の人工衛星

写真拡大 (全2枚)

 自分たちで人工衛星を打ち上げてみよう! そんな夢の大きいプロジェクトに参加してみない? 国家や企業の支援を受けない完全民間の人工衛星プロジェクトを推進する一般社団法人の航空宇宙振興会夢宙(大阪市)が、1,000人が1万円ずつ出し合い、自分たちで人工衛星を作り打ち上げる“ドリームサテライトプロジェクト”のクラウドファンディングを実施する。

 このプロジェクトは、募金やボランティアのみで人工衛星の開発、打ち上げおよび運用までを行うもので、こうした試みは世界初。一人1万円を出し合って人工衛星の共同オーナーになり、オーナー全員がプロジェクトに一個人として参加。また、「産・学・民」が力を合わせていることも特長で、航空宇宙産業の関係者だけでなく大学の先生や学生、宇宙好きの市民が人工衛星の共同オーナーになって宇宙に「夢」を打ち上げる。既に、この6月には「超小型衛星の放出に関わる契約」をJAXAと締結。2018年度に人工衛星を打ち上げる予定で調整中だ。

 1万円の「人工衛星区分保有購入費」(外国籍の人は「人工衛星開発支援金」)の300人の取得を成功目標としており、人工衛星オーナー証書や回路仕様クリアファイルなどオリジナルグッズなどクラウドファンディング限定特典も数多く準備している。募集期間は8月7日23時59分まで。