視聴率どう調べる?

写真拡大

テレビ番組は視聴率がバロメーターとなっています。どれだけの人数がテレビ番組を見ているのか。さらに地方別、男女別、年代別など細かいデータが出ます。当然視聴率が高い番組にはスポンサーが付きます。そのため、人気のバロメーターとなっているのです。

調べ方は単純?

この視聴率調査ですが、無作為に選ばれたサンプル世帯に専用の機械を設置してデータを取っています。サンプル数は関東地区広域圏で900件、関西広域圏で600件です。関東地区だけで、およそ4000万人以上が住んでいるわけですから、その中の900世帯というのは少ない印象を受けるかもしれません。しかしながら、大鍋にカレーを作った場合、味見はどうするでしょうか。おたま一杯で、全体の味はわかりますよね。同じ道理で、視聴率調査も成り立っているのです。

買収された過去も

しかし数が限られているため、過去には日本テレビのプロデューサーが視聴率を買収する事件も起きました。手口は、探偵業者を雇い、視聴率を調査するビデオリサーチ社の車を尾行し世帯を突き止めて、後日、サンプル世帯に接触し、特定の番組の視聴を依頼するものです。視聴率のサンプル数の少なさや、調査会社がビデオリサーチ一社に限られていることなど、構造の問題も取りざたされました。