au、月20GBと音声かけ放題で4500円の『auフラットプラン』発表。データ定額プラン比で1500円割安

auは、大容量データを使うユーザー向けの新料金プラン『auフラットプラン』を発表しました。20GBと30GBのデータ通信+音声通話のプランです。導入は、2017年7月14日から。同時発表された「auピタットプラン」と同日です。

価格例は、20GBプランが4500円/月、30GBプランが6500円/月。これはスーパーカケホでの音声通話と合わせた料金で、ビッグニュースキャンペーン(後述)とauスマートバリュー適用後の価格です。

なお音声側プランは、「カケホ」および「シンプルプラン」との組み合わせも可能です。

本プランは、同時に発表された『auピタットプラン』ではカバーしきれない、大容量データを使うユーザー向けのプラン。従来の『auデータ定額20/30』と比べ、毎月1500円安価(スマートバリューとビッグニュースキャンペーン適用前)な点が特徴となっています。

ただしピタットプランで導入された、データ通信量に合わせての料金自動変更は非対応。20GBと30GBは(データ定額時代と同じく)別プラン扱いとなります。



新規契約と機種変更時に対象となるスマートフォンは、ピタットプランと同じく『au 4G LTE対応Androidスマートフォン全機種』という表現。KDDIの田中孝司社長は「iPhoneに関しては協議中」ともコメントしています。

一方で(こちらもピタットプランと同じく)、現行auユーザーのプラン変更にも対応。この場合に限り、iPhoneユーザーも変更が可能です( au同プラン解説ページの「注2」を参照ください )。



なお、冒頭で紹介した「ビッグニュースキャンペーン」とは、7月14日から12月31日までの間に、機種変更や新規契約でauフラットプランに加入することで、翌月から1年間毎月1000円(一定額)が割引されるという内容です。

なお、auは今回の発表に合わせて、上述した『auピタットプラン』、そして新しい端末購入代金割引施策『アップグレードプログラムEX』も公開。様々な面での料金引き下げを図っています。



これらの施策に関しては、下記記事を参照ください。

速報:auが1980円からの新スマホ料金プラン『ピタットプラン』発表。データ量に合わせての料金自動変更を導入

au、最新スマホに機種変更しやすくする「アップグレードプログラムEX」提供開始

このようにauフラットプランは、大容量データを重視するヘビーユーザーに向けた、実質的な値下げ施策とも呼べる内容。

欲を言えば、ピタットプランで導入された自動料金スライド制をこちらでも採用してほしかったとも思いますが、「毎月たくさん使う人への大容量データ定額」というキャッチコピーが"浮いていない"プランと呼べそうです。