あの有名SNS創設者がトッテナム買収を狙う?クラブ側は完全否定

写真拡大

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)『Facebook』の創設者であるマーク・ザッカーバーグ氏がトッテナムの買収を検討しているようだ。アメリカ紙『タイムズ』やイギリス紙『サン』などが報じている。

 同紙によると、ザッカーバーグ氏が支持している投資顧問会社『アイコニック・キャピタル』がトッテナム買収のために10億ポンド(約1470億円)の入札を検討しているようだ。

 サンフランシスコに拠点を置く『アイコニック・キャピタル』はザッカーバーグ氏を含む数多くの億万長者の資金を管理している投資顧問会社である。2014年頃からトッテナムの買収に乗り出しているようだ。

 現在、トッテナムのオーナーを務めるジョー・ルイス氏は倍額である20億ポンド(約3000億円)のオファーが届けば交渉に応じると同紙は予想した。

しかし、クラブは公式サイトでこれを完全否定。

https://twitter.com/SpursOfficial/status/884109197616525315

 そこには、「取締役会は、クラブの買収提案に関するいかなる協議も行っていない」と記されており、身売りはあくまで噂に過ぎないものであるようだ。