マンUでの最終試合でのルーニー

写真拡大

マンチェスター・ユナイテッドでの13シーズン後、エバートンに復帰したウェイン・ルーニーは、ユナイテッド時代も子供の頃からファンであるエバートンのパジャマを着て寝ていたと告白している。

【関連記事:ルーニー 13年ぶり古巣復帰】

「これまで語らなかったが、過去13年間も家族みんなと同じようにエバートンのパジャマを着て寝ていた」とルーニーは語っている。

エバートンに復帰したルーニーはグディソン・パーク帰還を喜びながら、移籍について、「故郷に帰るためにエバートンと契約したのではない。クラブが成長できると思ったからエバートンと契約したのであり、自分もその一員になりたいと思う。自分に多くの期待が寄せられているのも分かるが、クラブの成長のために自分が助けになれると思う」とも語っている。