指原莉乃(HKT48)

写真拡大

9日深夜放送の「真夜中」(フジテレビ系)で、HKT48指原莉乃が渋谷のクラブでマジ泣きしてしまい企画倒れしてしまった。

番組では、クラブカルチャーが苦手な指原がリリー・フランキーとともに最新のクラブ事情について取材した。指原が訪れた渋谷のクラブ「SOUND MUSEUM VISION」では、DJの流すビートの効いた音楽に合わせ、女性グループがダンスを踊っていた。男性客らから「指原だ」「AKBの」と注目を集めていた。

指原はプロ意識を持って踊るダンサーたちの姿に感心するも、クラブそのものについては「苦手」「(酔っ払った)人がムリ」と苦手意識が拭えないことを明かす。

実はこの日、イベントのDJにAKB48のヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」を流してもらい、指原がステージに上がって全員で踊るという企画があったそうだ。

ところが指原はクラブの雰囲気に圧倒されてしまい、直前になって「怖い…」とつぶやくと目頭を押さえてしまった。結局、指原は「ごめんなさい」「すごい怖い」と謝罪して、ステージに上がることはなかった。

リリー・フランキーは後日談で、泣いてしまった指原について「初めてのクラブで、酔っ払いもたくさんいて話しかけられたりした。人見知りなので怖かったんでしょうね」と振り返っていた。

【関連記事】
指原莉乃 AKB総選挙1位の話題に本音「損しかないくだり」
泉谷しげる 指原莉乃の総選挙苦戦を分析「でかくなりすぎた」
古市憲寿氏のAKB48ファンへの辛口発言に指原莉乃が嫌悪「やめてください」