SOL(提供写真)

写真拡大

【SOL/モデルプレス=7月10日】BIGBANGのメインヴォーカル・SOLが、全19都市で開催を予定している自身2度目のワールドツアー「TAEYANG 2017 WORLD TOUR <WHITE NIGHT>」を千葉・ZOZOマリンスタジアムにて8日よりスタートさせ、8日・9日の2日間で計5万人のファンを魅了した。

【さらに写真を見る】SOL、自身2度目のワールドツアー!計5万人が会場でひとつに

ツアータイトルである「WHITE NIGHT」は太陽が沈まない自然現象という意味。長い間、情熱的に音楽の道を歩んできたSOLの姿を指しており、日が沈んだ19時にライブがスタートし、SOL(太陽)が登場する様はまさにWHITE NIGHTのコンセプトの象徴となる演出で、本ツアーで1から10まで1つ1つ意見を出してセットリスト、舞台、映像、照明、バンドセットまでステージ作りの細部にこだわったSOL自身の揺るぎない情熱を感じられる。

◆”WHITH NIGHT”の世界観を具現化


ライブでは攻撃的なヒップホップチューン「RINGA LINGA」から「YOU'RE MY」「I NEED A GIRL」、そして韓国他10カ国以上でiTunes総合アルバムチャート1位、米国iTunes R&Bチャートでも1位を獲得するなど世界的なヒット曲となった「EYES,NOSE,LIPS」まで全19曲を熱唱。

MCでは「今夜はステージに僕(太陽)がいるので、太陽は沈みません。僕と一つになって最後まで夜空を明るくしましょう」という言葉にあったように、終始彼が魅せた抜群の歌声、鍛え上げられた肉体が織りなすキレのあるダンスパフォーマンスは、ファンとを結ぶ光に満ちた一体感と、時間を忘れさせるほどの引力で、まさにSOL(太陽)だからこそ成せる”WHITH NIGHT”の世界観を具現化した唯一無二のエンターテインメントであった。

◆ソロアルバムを製作中


SOLはこのワールドツアーと共にソロアルバムを現在準備中。2008年、BIGBANGのメンバーの中で1番最初にソロアルバムをリリースし「WHERE U AT」「WEDDING DRESS」「I NEED A GIRL」「RINGA LINGA」「EYES, NOSE, LIPS」など多数のヒット曲を発売してきたSOLなだけに、新しいアルバムと本ワールドツアーにはより一層の期待が高まっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】