画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●奇岩絶景に美しき海岸線に色とりどりの海中世界

そろそろ夏休み。今年の夏はどこに行こうかと迷っているなら、東京アイランドのひとつ、神津島に出掛けてみてはどうだろうか。古来より神々が集う島として名を馳せてきた神津島だが、実はここ、海と山に多くのSNS映え必至の絶景&パワースポットを有す。もちろん、新鮮な海の幸などのグルメも充実。今回は、そんな神津島の知られざる魅力をたっぷり紹介しよう。

○東京の島・神津島で目くるめく海と山の絶景

東京に11ある島(東京アイランド)のひとつ、神津島は東京の南約180kmの洋上にあり、周囲約33.3km、伊豆七島のひとつに数えられる。正式名称は神津島村。ご存じない人もいるかもしれないが、れっきとした東京都の自治体のひとつだ。

島はその昔、事代主命(コトシロヌシノカミ)という神さまが伊豆の島々をつくるため集まった場所とされ、昔は「神集島」と書いたという。島中央にそびえる新東京百景のひとつ、標高572mの天上山には、神々が水の分配の会議を開いたという水配り伝説も残る。

島には美しい白砂の海岸や多くの奇岩絶景が点在。花の百名山にも数えられる天上山頂は、遮ぎるもののない360度の展望や表砂漠や裏砂漠などの奇勝、そして、希少植物などと見所が満載だ。また、海山とも湧水や寺社などのパワースポットも、数多く見られる。

東京からはジェット船で約3時間40分、空路なら調布飛行場から約40分。民宿や旅館、ペンションなどリーズナブルな宿泊施設が40カ所以上もあり、リゾート感満載の島旅が手近に楽しめる。まずは海の絶景から紹介しよう。

○東に多幸湾、西に前浜、日の出と夕日の名所あり

島内には東に多幸湾、西に前浜という美しい海岸線が広がっており、島の東側では日の出、西側では海に沈む美しい夕日を楽しむことができる。また、島は東に三浦漁港、西に前浜港という2つの港があり、他の島しょに比べ、比較的欠航率が低く抑えられている。約1kmに渡り白砂が続く前浜海岸は、民宿や商店などが集積する村の中心部に近く、島内にある5つの海水浴場の中でも、宿から歩いていける海水浴場として親しまれている。

一方、多幸湾は島の西側とはまた異なる天上山の断崖絶壁、奥に張り出す半島には黒曜石が露出する砂糠崎(さぬかざき)、海に浮かぶ丸島と呼ばれる小島など、独特の景観を生み出す。青々した松に囲まれた多幸湾展望台からは、この絶景が一望できる。

夏、三浦漁港には漁船だけでなく、ヨットやクルーザーも数多く停泊しており、リゾート感満載。湾に下りれば、東京の名湧水57選にも選ばれた多幸湧水、近くには都立多幸湾公園ファミリーキャンプ場もある。

○飛び込み台から美しい海にダイブ!

また夏、島で人気No.1のビーチと言えば、北西部にある全長500mの木造遊歩道「赤崎遊歩道」だろう。ここにはつり橋や展望台、飛び込み台などもあり、海水浴以外にもシュノーケリングが楽しめる。

このほか島内には、ダイビング、サーフィン、釣りなど海のレジャースポット、絶景を眺められる展望台がそこここにあり、サッカーができる運動場、木を多用した図書館などの施設も充実している。島西側の海岸線ではメッポー山と呼ばれる大岩、ぶっとうし岩やうずまき岩などの奇岩が随所に見られる。

さて、海の絶景の後は神津島のもうひとつの魅力、山の絶景を紹介したい。神津島の中央にそびえる天上山山頂では、遮るものがない360度の眺望を楽しめる天空の丘などの展望地のほか、白砂が堆積する表砂漠や裏砂漠など、他に見ないユニークな山頂ウォークが楽しめる。

●山頂に広がる砂漠の魅惑--神々のゆかりの地&島グルメにパワーを得る

○山頂からの絶景! 白砂の砂漠もまた魅力的

天上山には白島登山口と黒島登山口のふたつの登山口があり、白島登山口は6合目(駐車場有)まで車で行くことができる。白島登山口までは距離にして3km弱、徒歩で約1時間半を要す。

白島登山口から最高地点までは約1時間、山頂周遊では約2時間、下山や休憩等の時間を入れると4〜5時間が所要時間の目安となる。なお、山頂には自販機はなく、トイレは一カ所のみ。入山時には、水分補給の用意やトイレは済ませておこう。

天上山山頂には約40の小ピークがあり、中には神々が集まり水配りの会議を行ったと伝えられる「不入ガ沢」や、雨が降った翌日にはハート型に水をたたえた姿を見せる「不動池」などのパワースポットも。また、四季折々の花などの植生も豊かで、歩いていて退屈しない。というより、歩く先々でめくるめく絶景が迎えてくれ、カメラを休める暇がない。

最高地点からは晴れた日は、富士山や南アルプスを一望。裏砂漠展望地からは神津島の多幸湾の東方に浮かぶ無人島「祇苗島(ただなえじま)」や遠く三宅島、御蔵島などの島々、新東京百景展望地からは式根島、新島、利島などが眺められる。中でも、広大な白砂の砂漠が続く「表砂漠」と「裏砂漠」は不思議な光景だ。一見、荒涼とした景色に見えるが実は緑も多く、表砂漠には休憩スポットも設けられている。

天上山登山情報は村のホームページにガイドブックが用意されているが、初めての人や登山に不慣れな人は、地元ガイドをお願いするのもいいだろう。初心者でも登りやすい山だが、歩きやすい靴や服装、天候の急変などに備えた装備は忘れずに。観光協会では登頂証明書も発行している。

○神々の島にはさまざまなパワスポも

島には神々が集う島の名に違わないパワースポットも。島中心部にある島の開祖・物忌奈命を祀る「物忌奈命神社」は、「阿波命神社」とともに名神大社に列しており、いずれも神々しく心洗われる空間。このほか、江戸初期のキリシタン殉難者「おたあジュリアの墓地」や洞窟に納められた笑う閻魔「えんま洞」、神津島港には竜神様、「神津百観音」等のお堂など数多。黒島登山道に向かう途中には「山の神・冷風穴」も見られる。

島には観光レジャーの疲れを癒やしてくれる島グルメや、癒やしのスポットもある。まず、自然の岩場を利用した温浴施設「温泉保養センター」では、海を臨む大露天風呂や展望露天風呂を楽しめる。

○忘れちゃいけない島グルメ!

民宿などの宿では、島で水揚げされる金目鯛や赤イカなどの新鮮な魚や島産の天草を使った絶品のところてんや他では味わえない柔らかな明日葉などの島グルメが堪能できる。例えば、「よっちゃーれセンター」の2階には、刺身や漬丼、尾頭付きの金目の煮魚などが1,000円で食べられる定食が充実している。

地元にも多くのファンを持つ「まいとりぃ」は、国産石臼挽のそば粉と神津のおいしい水で作った本格的な手打ちそばがいただける。最近は和食だけでなく、おしゃれなグルメスポットも増えている。フランス料理のレストラン「コルドン・ブルー」、2017年3月オープンした「HYUGA BREWERY(ヒューガブルワリー)」は、各国のビールを取りそろえるほか、近々、地ビールの発売を予定している。

星空も美しい神津島、今年の夏は海も山の両方が楽しめる、こんなグルメな島旅に出掛けてみてはどうだろうか。

○筆者プロフィール: 水津陽子

フォーティR&C代表、経営コンサルタント。地域資源を生かした観光や地域ブランドづくり、地域活性化・まちづくりに関する講演、企画コンサルティング、調査研究、執筆等を行っている。著書に『日本人がだけが知らないニッポンの観光地』(日経BP社)等がある。