Photo by cinemacafe.net

写真拡大

「Sho-Comi」(小学館)にて連載され、続編も決定している白石ユキの漫画「あのコの、トリコ。」が、来年実写映画化されることがこのほど決定。キャストには、吉沢亮、新木優子、杉野遥亮といったいま注目のフレッシュな俳優陣を迎え、芸能界を舞台に、幼い頃に役者になることを誓い合った幼なじみ3人の恋物語を描いていく。
小さな頃“将来スーパースターになる!”と幼なじみと誓い合った頼(ヨリ)。引っ越して幼なじみと離れ離れになった彼は、スーパースターとは程遠い地味で平凡な、女子に見向きもされないメガネ男子となっていた。田舎で普通の暮らしをしていた頼は、2人の幼なじみ、雫(シズク)と昴(スバル)がそれぞれ人気モデル・人気俳優になっていることを知り、何かに突き動かされるように雫のいる高校に転入する。再会してすぐに雫の付き人としてCM撮影に立ち会うことになった頼は、降板させられそうになった雫を助けるために、CMに出演することになる。彼は冴えないメガネ男子から、その場の空気を一瞬にして変えるミステリアスな少年に変貌。才能を開花させた頼はCMがたちまち話題となり、一躍注目を浴びることに。

そんな中、昴の主演舞台に雫の出演が決定。雫の念願が叶い女優への一歩を踏み出した矢先、昴が事故で大ケガを負ってしまう。昴の降板、さらには舞台の中止も懸念されるなか、頼は女優になるという雫の夢のため、昴の代役で舞台に立つことを決意する。本番に向けて2人で稽古を重ね、頼は雫への幼い頃からの気持ちを改めて強くする。「僕は、あのコのトリコだ――」。しかし、本番直前に昴がケガから復帰、予定通りのキャストで公演を行うことになる。そして大成功を遂げた初日の幕がおりたその瞬間、舞台上で昴が雫に告白するのを頼は聞いてしまう…。

本作は、「Sho-Comi」(小学館)にて連載され、既刊4巻のコミックスは累計部数50万部を突破している白石氏の同名漫画を、「最高の離婚」「ファーストクラス」「心がポキっとね」など数々の話題作ドラマで演出を手掛けた宮脇亮が映画化。脚本は、「ラスト・フレンズ」、『NANA』『大奥』の浅野妙子が担当する。

物語はキラキラな芸能界を舞台に、“メガネ男子×人気モデル×人気俳優”のキラキラ”すぎる3人が織り成す、いままでにないキラキラ三角関係ラブストーリー。そんな本作で、地味で平凡、女子に見向きもされないメガネ男子の主人公・鈴木頼を演じるのは、「仮面ライダーフォーゼ」で注目を浴び、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』『アオハライド』『オオカミ少女と黒王子』と多くの少女漫画原作の映画に出演する吉沢さん。元気で夢に真っすぐなモデル・立花雫役には、モデルとして活躍するとともに、「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」での好演が記憶に新しく、また7月スタートの新ドラマ「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」にも出演が決定している新木さん。そして、人気俳優にのし上がった東條昴役には、『キセキ ーあの日のソビトー』『兄に愛されすぎて困ってます』『覆面系ノイズ』と出演作の公開が続く杉野さんが演じる。

「きれいすぎる顔」と評される吉沢さんが、今回は一途に恋する地味男子を体現。「僕の恋している表情とか、受けの芝居でキュンキュンさせなければいけない部分が多く、結構プレッシャー」と心境を明かした吉沢さんだが、「杉野くん演じる昴がめちゃくちゃキラキラなので、昴に負けないように、僕が演じる頼の成長していく様をきちんと意識して、最後まで頑張りたいと思っております」と意気込み。また杉野さんは「芸能界という夢のようなキラキラした世界を描いているのは興味深いですが、その映像化は難しいだろうなと感じています」と語り、「東條昴という男は、すごくカリスマ性があってキラキラしていて掴みどころがない。僕も一生懸命考えて役を作っていきたいと思っています」とキャラクターについてコメントした。

そんな2人のイケメンに愛されるヒロインを、チャーミングな笑顔満開で演じる新木さんは、「女子が見てキュンキュンするポイントが全部詰まっているマンガで、楽しんで読ませていただきました」と原作を読んだ感想を話し、「メインの3人が芸能界で活躍しているというのも、すごいいまっぽいと思います。この作品をみて、芸能界にちょっとでも興味のある人の背中を押すことができるような、そんな作品になると思います。いろんな方が期待して下さっている雫も演じつつ、自分の思っている雫もしっかりと出して、悔いなく撮影を乗り切りたいです」と気合十分に語っている。

今回の実写化決定に本当に驚いたと話す原作者の白石氏は、「吉沢亮さんは幅広い役柄を演じてらっしゃるので、頼をどんな風に演じて下さるのかとても楽しみです。新木優子さんはキリッとしたイメージで、意志の強い雫役にぴったりだと思いました。杉野遥亮さんは優しそうな役柄が多い印象なので、昴役は良い意味で想像を裏切られそうです」とキャスト陣について印象を語り、映画の完成が待ち遠しいとコメントしている。

『あのコの、トリコ。』は2018年、全国にて公開予定。

(cinemacafe.net)

■関連記事:
「コード・ブルー」寺島進&杉本哲太&りょう、サードシーズンにも登場
吉沢亮、テロリスト役で新境地!「初めて髭を伸ばした」
【インタビュー】杉野遥亮 しなやかに成長…歩き始めた俳優の道
山下達郎、山田涼介主演『ナミヤ雑貨店の奇蹟』主題歌に!「難しい注文でした」
神谷浩史、“ぶりぶりざえもん”のえかきうた歌唱!「夢のよう」