欅坂46公式サイトより

写真拡大

 人気沸騰中のアイドルグループ・欅坂46に陰湿なイジメが存在している──。一部のファンの間で、そんなウワサが広まっている。

 疑惑のきっかけとなったのは、7月1日に行われたストリーミングサービス「SHOWROOM」でのライブ配信。欅坂のキャプテン・菅井友香(21)、佐藤詩織(20)、齋藤冬優花(19)、そしてけやき坂46(ひらがなけやき)の長濱ねる(18)の4人が出演したのだが、特に長濱が年長者の菅井に対して、冷たい態度を取っていたというのだ。

 例えばギャグを披露した菅井に対し、「もうすぐ22なのに……」と小声でつぶやいたり、視聴者のリクエストに応えて菅井が投げキッスをすると、「うわぁ、ゆっか、やった」と嘲笑したりと、長濱の菅井に対する対応は確かに冷たい。仲間内でよくある「イジり」の範疇だといえるが、見る人によっては嫌悪感を抱く可能性もあるだろう。長濱のこういった態度について、以前から気になっていたというのは、欅坂ファンの20代男性だ。

「長濱は、かわいくて人気もあるんですが、なんとなく裏表があるイメージ。後から加入したにもかかわらず、運営からプッシュされているということで、ほかのメンバーを見下すような雰囲気が時折ありました。今回のSHOWROOM配信はイジメではないですが、長濱の本性がついつい出てしまったという感じだと思いますね。正直、がっかりでした」

 人数が多いアイドルグループともなれば、メンバー同士の関係もさまざま。仲が良いメンバーもいれば悪いメンバーがいるというのは当然のことだ。しかし、どんなに人間関係が悪くても、仕事に支障を来さないように振る舞うのがプロのアイドルというものだ。

「秋元康プロデュースのAKB48グループ、そして乃木坂46、欅坂46の坂道シリーズでは、あまりにもメンバーの人数が多いため、普通の芸能事務所のようにしっかり教育することは難しい。なので、売れっ子でも驚くほどプロ意識が低いということもありうる。仕事のために割り切ってということではなく、女子高のようなドロッとした人間関係がそのままファンの前で出てしまうことが多いんですよ。それを楽しんでいるファンもいますが、決して見ていて気持ちいいものではありませんね」(芸能関係者)

 さらに、運営からの“推されメン”が存在しているため、メンバー間で力関係が出来上がってしまうという。

「それこそ長濱は、加入時から運営に推されていたので、自然とグループ内で存在感が出てくるし、発言力も大きくなる。もちろん、“推されメン”がほかのメンバーからハブられる可能性もあります。でも、スタッフは完全に“推されメン”サイドにつくので、ハブったメンバーは、確実に干されてしまう。だから“推されメン”はどんどん増長していくわけです。48グループでいうと、SKEの松井珠理奈とか、HKT指原莉乃とか、AKB島崎遥香とか、“推されメン”が何人かいますが、いずれも長濱と同じような状況でした。48グループだろうが、坂道シリーズだろうが、これはもう秋元プロデュースアイドルの伝統みたいなものですよ」(同)

 推されメンの増長が伝統とは、あまり褒められたものではないが、少なくともファンの前では仲良くやってほしいものだ。