ももクロ・高城れに、沖縄で満月の下ソロコンサートを実施!新曲も披露

写真拡大 (全14枚)

 ももいろクローバーZの高城れにが9日夜、沖縄・今帰仁村の世界遺産「今帰仁城跡」でソローコンサート「ハイサイ!れにちゃん」を開催した。

 同コンサートは満月の月明かりの下、観客が芝の上に座ってライブを鑑賞するスタイルで実施された。開演時間になるとオルゴールバージョンとなった高城のソロ曲「まるごとれにちゃん」がかかり、イントロに合わせて歌唱しながら高城が登場。ももいろクローバーZの「月」をテーマとした「ニュームーンに恋して」「月虹」「月と銀紙飛行船」「タキシード・ミラージュ」を披露した。

 MCでは「小学校の頃から毎年旅行に来ているくらい大好きで、老後は沖縄に住みたいと思っているくらい沖縄が大好き! みなさんも沖縄大好きですよね!」と沖縄への思いを話すと、ギター・佐藤大剛を呼び込み、自身が選曲した「たしかなこと」、「しょこららいおん」、「小さな恋のうた」、「Hello Again」を選曲への思いとともにアコースティック演奏した。

 初めは雲に隠れていた満月も途中から顔を出し、高城も大喜び。その後は三線奏者・堀口加奈子を呼び込み「島人ぬ宝」、「涙そうそう」を三線、アコースティックギターと共に歌唱。そして本日のライブのために作られた新曲「『3文字』の宝物」も披露され、歌詞に込めた思いも語った。

 本編終了後、アンコール最後の曲となった「一緒に」では上間久武研究所のメンバーがステージに登場し沖縄の踊り「カチャーシ」も披露された。全14曲を歌い上げコンサートは幕を閉じた。

 ももいろクローバーZとしては8月2日に1年ぶりとなるニューシングル「BLAST!」をリリース。同月5日、6日にはももいろクローバーZとしては初の東京・味の素スタジアムでのライブ「ももクロ夏のバカ騒ぎ2017 -FIVE THE COLER Road to 2020-」の開催も控えている。