遠藤章造(ココリコ)

写真拡大

9日、ダウンタウン松本人志が自身のTwitter上で、ココリコ遠藤章造の主演映画の散々な状況に「腹痛い」と漏らした。

8日、遠藤は主演映画「帰ってきたバスジャック」の初日舞台挨拶に出席した。しかし客席は思いのほか空席が目立つ結果となったため、「50人限定だったので」と言い訳する羽目になったそうだ。

この作品、実はダウンタウンが「次あったら出たろか」と声をかけてくれたというが、結局ふたりは出演しないことに。舞台挨拶では遠藤から「ダウンタウンにはしご外されたんです。もう企画が走り出していたのに」と恨み節も飛び出したという。

そうした経緯もあってか、翌9日には松本が「スマン 遠藤。。。 腹痛い(笑)」と綴り、遠藤が被った散々な結果に大ウケした様子。続けて、初日の様子を伝えるネット記事をリツイートで紹介している。
【関連記事】
エド・はるみのマジ解説に松本人志がダメ出し「『グ〜!』ちゃうんかい!」
松本人志が前園真聖氏の“責任逃れコメント”に呆れ顔「告げ口!」
松本人志が佐々木恭子アナの追及に怯え…「とんかつ」めぐり意見が対立