ミランのバッカ、酒井宏樹と同僚に? マルセイユが移籍先候補と仏紙

写真拡大

 ミランに所属するコロンビア代表FWカルロス・バッカが、日本代表DF酒井宏樹のマルセイユへ移籍する可能性があるようだ。フランス紙『レキップ』が9日に報じている。

 報道によると、バッカはヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の構想外となっており、今夏の移籍市場でミランを退団することが有力視されている。マルセイユはすでにバッカ側と水面下で接触し、移籍の可能性を探っているという。移籍金は2000万ユーロ(約26億円)と報じられている。

 現在30歳のバッカは2015年夏、セビージャからミランへ移籍。加入2年目の昨シーズンはセリエAで32試合に出場して16ゴールを記録した。今年2月には中国の天津権健へ移籍する可能性も取り沙汰されていたが、ミラン残留が決定。チームトップの得点数を記録したものの、今夏の移籍市場では退団が有力視されている。