エバートン復帰が決定したルーニー

写真拡大

エバートンはマンチェスター・ユナイテッド所属でクラブ歴代通算最多得点記録を持つウェイン・ルーニーの獲得を発表した、レッド・デビルズに売却してから13年ぶりの古巣復帰である。

【関連記事:ルカク マンU加入直後の言葉】

ルーニーはユナイテッドで559試合に出場し253得点を決め、そして31歳となった今、古巣に復帰する。

「復帰することをとても素晴らしく感じる。仲間に会うこと、ピッチでの練習、ピッチで試合に出ることが待ちきれない」とルーニーは語った。

「ただの復帰ではない、私がサポートするチームであり、育ったチームである。私はクラブが前進し成功すると思うからこそ復帰する。」

「私はその成功の一部になりたい。ピッチでのパフォーマンスにプレッシャーはあるが、準備はできている。私はクラブの前進とピッチでの成功の助けができると信じている。」

エバートンは移籍市場で活発的に動いており、元FCバルセロナでマラガ所属サンドロ・ラミレスも獲得している。