デビュー戦でさっそく2ゴールを決めた堂安律

写真拡大

 今夏、ガンバ大阪からフローニンゲン(オランダ1部)に移籍したMF堂安律が実戦デビュー戦で2ゴール。開幕スタメン奪取へ大きくアピールした。

 10日、フローニンゲンはアネン(オランダアマチュア)とトレーニングマッチを行った。堂安は後半開始からピッチに入ると、4-0で迎えた後半14分、ゴール正面から味方の落としを左足ダイレクトシュート。クロスバーの下をかすめて豪快にゴールネットを揺らし、名刺代わりの一発を叩き込んだ。

 さらに堂安は8-0の後半40分、ドリブルでPA右に侵入し、冷静に左足でゴール左に流し込み、2点目。チームはその後1点を加え、10-0で大勝した。試合後はサインにも応じ、堂安を多くの子どもたちが囲んでいる写真をクラブ公式サイトが掲載している。


●海外組ガイド