おしりカチカチはもう古い!?ボディノック機能が便利です

写真拡大

コクヨの文房具ブランド・trystramsから、艶のあるゴールドボディ+ボディノック式の芯出し機能、そして高級感とアイデア機能の組み合わせが新しいシャープペンシルとボールペンが発売されました。ギフトにも喜ばれそうなこのアイテム。ちょっとユニークな新機能は、幅広い年代に支持されそうな予感です。

ボディ中央をノックすることで芯を出す“ボディノック機構” MISTRAL(ミストラル)のシャープペンシル、ボールペン「trystrams MISTRAL」が全国のセレクトショップ等で発売されました。手がけているのは、スマートワークスタイルをコンセプトにこだわりのビジネスアイテムを展開するコクヨのブランド・trystramsです。

trystramsとは、tryst(出会い)+trams(smartを逆から読んだ言葉)という造語です。プロダクトを通じて、人と仕事の交流をスマートに実現できる環境を創りたいというメッセージが込められているとのこと。今までのコクヨは一味違う、ちょっとシックな大人の文房具ブランドになっています。

今回発売されたサティーナゴールドの「シャープペンシル」と「ボールペン」の2アイテムは、美しい一体感のある本体にクリップのロゴが映える、クラシカルなデザイン。忙しいビジネスタイムにも、心の落ち着きと優雅さを忘れないという意味合いが感じられるようです。

▲ボディノック機構“MISTRAL”

さて、ボディノック機構・ミストラルとは何でしょう?

これはコクヨが開発した新しい芯の出し方。ボディ中央を折り曲げることによって芯を出す方式です。ペンを持ち替えることなくノックできるので、思考を途切れさせずに筆記することが可能なのです。親指の位置を替えて、いちいちカチカチしなくてもいいという新機能。このギミックが便利&快感なのです。

ギフトに使いやすいボックス付きで、製造、組立から包装まで全てを日本で手がけた、こだわりの日本製になっています。

シャープペンシルは、0.5mm芯。ボールペンは油性細字0.7mm(黒)になっています。価格は、シャープペンシルが3240円、ボールペンが3780円です。高級な見た目&機能とは裏腹に、なかなかのお手頃価格だと思いますよ。

>> trystrams「trystrams MISTRAL」

 

(文/&GP編集部)