(c) 2018 白石ユキ/小学館・「あのコの、トリコ。」製作委員会

写真拡大 (全2枚)

 「Sho-Comi」(小学館)にて連載され、既刊4巻の累計部数50万部を突破したる白石ユキの大人気コミック「あのコの、トリコ。」がこのほど映画化決定。2018年公開が発表されているほか、主要キャスト3名が解禁されている。

 同作は、芸能界を舞台にした幼馴染3人のキラキラ三角ラブストーリー。小さな頃、「将来スーパースターになる!」と幼馴染と誓い合った頼(ヨリ)。引っ越して幼なじみと離れ離れになった彼は、スーパースタートは程遠い地味で平凡な、女子に見向きもされないメガネ男子となっていた。田舎で普通の暮らしをしていた頼は、降板させられそうになった雫を助けるために、CMに出演することになる。彼は冴えないメガネ男子から、その場の空気を一瞬にして変えるミステリアスな少年に変貌。才能を開花させた頼は、CMがたちまち話題となり、一躍注目を浴びることになる。メガネ男子、人気モデル、人気俳優の三角関係の行方とは。

 主人公のメガネ男子・頼役に、『オオカミ少女と黒王子』『銀魂』で話題の吉沢亮。元気で夢に真っ直ぐなモデル立花雫役には、non-noモデルとして活躍しながら女優としても活躍の場を広げる新木優子が決定。そして、人気俳優にのし上がった東條昴役は、『キセキ-あの日のソビト-』『兄に愛されすぎて困ってます』とヒット作が続く杉野遥亮が演じる。主演を務める吉沢は、「僕の恋している表情とか、受けの芝居でキュンキュンさせなければいけない部分が多く、結構プレッシャーです。」と緊張気味。「杉野くん演じる昴がめちゃくちゃキラキラなので、昴に負けないように、僕が演じる頼の成長していく様をきちんと意識して、最後まで頑張りたいと思っております。」と意気込みを語っている。映画『あのコの、トリコ。』は2018年全国ロードショー。