赤い悪魔の一員となるルカクが胸中告白「すべてのトロフィーにチャレンジできる」

写真拡大

8日にクラブ間合意を発表、「子供の頃から望んでいたチャンス」と喜びを語る

 エバートンからマンチェスター・ユナイテッドへの加入が正式合意に至った決まったベルギー代表FWロメル・ルカクがインタビューに応じ、「子供の頃から望んでいたチャンス」と喜びを語った。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

 ルカクは移籍金7500万ポンド(約110億円)でエバートンからユナイテッドへ移籍。古巣チェルシーも同額のオファーを送ったとされるが、チェルシー時代に出番を与えてもらえなかったジョゼ・モウリーニョ監督との“共闘”を選択した。

 昨季プレミアリーグ25得点の点取り屋は、「これは僕が子どもの頃から望んでいたチャンス」と、世界屈指のメガクラブ加入に鼻息を荒くしている。記事では、「(ユナイテッドから)電話がかかってきた時、2回も考える必要はなかった。彼らの歴史の一員になれることは本当に嬉しかった」と移籍は即決だったことを明かしている。

 プレミアリーグ王者のチェルシーへ移籍する可能性もあったが、2013年を最後にリーグタイトルから遠ざかっているユナイテッドを選択。ルカクはその理由を「世界最高のビッグクラブにノーと言える人間がいるかい?」と語るなど、ユナイテッドの圧倒的なブランド力に惹かれたようだ。

イブラ、ルーニーに代わる新たな攻撃の核へ

 元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ、イングランド代表元キャプテンのFWウェイン・ルーニーの抜ける攻撃陣の核として期待されるルカク。エバートンではゴールを量産したが、「後ろは振り返らない。このチームの一員になるため、メンタルの準備はできている」と決意を新たにしている。

「最高のスタジアム。最高のファン。これは完璧な機会だ。僕は常々、全てのトロフィーにチャレンジできるクラブでプレーしたいと言っていたんだ」

 親友であるフランス代表MFポール・ポグバや、同胞のベルギー代表MFマルアン・フェライニが所属するユナイテッドでも、これまで通りにゴールという結果でチームの勝利に貢献したいところだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images