DAZNで見られる!「ゴールドカップで注目したい12選手」

写真拡大

7日に開幕したCONCACAFゴールドカップ。

同大会は、EUROやアジアカップなどと同じ大陸別の選手権で、アフリカ・ネイションズカップと同じく2年に一度開催されている。

日本では中継がされなかったこともあり、ほとんど脚光を浴びてこなかったが、今大会は『DAZN』が放映権を獲得したことで、注目度が高まっている。

そこで、今回は、大会に出場する12チームから各1人ずつ、注目しておきたい選手をご紹介しよう。

アルフォンソ・デイヴィス

代表チーム:カナダ
所属チーム:バンクーバー・ホワイトキャップス

あの“神童”フレディ・アドゥに迫る、MLS史上3番目15歳256日という若さでのプロ契約し、同2番目の15歳257日でデビューしたデイヴィス。

久保建英と同じ「16歳、左利き、アタッカー」という彼は、先月、カナダの市民権を取得してA代表入り。7日の仏領ギアナ戦で2ゴールを決め、ゴールドカップ史上最年少ゴール記録を樹立した。

この試合後、昨年、同僚だった工藤壮人(現広島)もSNSで祝福している。

ジョエル・キャンベル

代表チーム:コスタリカ
所属チーム:アーセナル(イングランド)

アーセナル加入後、毎シーズン、レンタルに出されているキャンベル。今季の去就も不透明な状態だが、ほぼ主力選手で大会に臨んでいる母国の代表チームから招集を受けた。

「コスタリカのエトー」として話題を集め、アーセナルへ移籍するきっかけを掴んだのが今から6年前のゴールドカップ&コパ・アメリカ。今大会での活躍で、今度はアーセナル残留を勝ち取れるだろうか?

スロアン・プリヴァ

代表チーム:仏領ギアナ
所属チーム:ギャンガン(フランス)

大会初出場の仏領ギアナ。注目はなんといってもチェルシーなどで活躍した元フランス代表MFフロラン・マルダであったが、残念ながら彼と他の2選手は、大会直前に出場資格がないことを言い渡されてしまった…。

ただこのプリヴァも、リーグ・アンで実績を残しているストライカー。2015年の同代表入り以降、得点を積み重ねている。

アントニー・ロサーノ

代表チーム:ホンジュラス
所属チーム:テネリフェ(スペイン)

柴崎岳が加入したスペイン2部のテネリフェで、2季連続二桁ゴールを記録しているロサーノ。彼は弱冠15歳でプロデビューし、ロンドン・リオ五輪に2大会連続で出場したホンジュラスの“神童”的な選手で、A代表でもエースといっていい存在だ。

ケヴィン・パルスメン

代表チーム:マルティニーク
所属チーム:ゴールデン・ライオン

仏領ギアナと同じフランスの海外県で、あのティエリ・アンリのルーツの一つとしても知られるマルティニーク。FIFAに加盟していないものの、2002年の同大会でベスト8に入っている。

パルスメンは、クラブレベルでこそ大きな実績はないが、代表では非常に高い得点力を誇っており、8日に行われたニカラグアとの開幕戦でも、先制ゴールを決めた。

フアン・バレーラ

代表チーム:ニカラグア
所属チーム:コムニカシオネス(グアテマラ)

かつて「Qoly編集部が本気で選んだ、今知っておきたい本当にスゴい25人のドリブラー」の特集でも取り上げたバレーラ。

世界最貧国の一つ、ニカラグアの選手で初めて欧州のクラブでプレーした彼は同国の英雄的な存在で、このゴールドカップ出場をかけたプレーオフでも、残り5分でハットトリックという離れ業を演じ、チームをこの舞台へと導いた。

イスマエル・ディアス

代表チーム:パナマ
所属チーム:FCポルトB(ポルトガル)

怪人デリー・バルデス兄弟を輩出したパナマで、現在、最も期待されているのがこのディアスだ。

デビュー間もなく欧州のビッグクラブから脚光を浴びた彼は、2015-16シーズンにポルトへ移籍すると、Bチームであのアンドレ・シウヴァの14ゴールに次ぐ13ゴールを記録。アトレティコ・マドリーが獲得に乗り出していることが報じられた。

ジョーダン・モリス

代表チーム:アメリカ
所属チーム:シアトル・サウンダーズ

名門スタンフォード大学の出身という、“超インテリ”のストライカー。しかしプレースタイルはラガーマンのような力強い推進力が武器で、その姿はこのほどエヴァートンへ復帰したルーニーを彷彿とさせるものがある。

クエンテン・マルティノス

代表チーム:キュラソー
所属チーム:横浜F・マリノス(日本)

ゴールドカップに記念すべき初出場するキュラソーからは、やっぱりこの人!

代表には約2年近くお呼びがかかっていなかったが、最近のマリノスでの活躍ぶりが太平洋を越えて届いたのか、驚きともいえる最終メンバー入りを果たした。

Jリーグから唯一出場する彼の雄姿が見たければ、『DAZN』と契約だ!

ダルウィン・セレン

代表チーム:エルサルバドル
所属チーム:サンノゼ・アースクエイクス(アメリカ)

ホンジュラスとの「サッカー戦争」で有名なエルサルバドル。

かつてマラドーナが絶賛した“天才”マヒコ・ゴンサレスを生んだ彼らも、近年は国際的な選手を輩出できていないが、MLSでプレーするセレンは、足元の収まりが良く、正確なキックで攻撃の起点になる。

ちなみに実弟オスカルも代表プレーヤーで、今大会は兄弟そろって出場する。

ダレン・マトックス

代表チーム:ジャマイカ
所属チーム:ポートランド・ティンバース(アメリカ)

2014年の来日時にQolyで大々的に取り上げたマトックス。MLSデビューシーズンで見せた異次元の跳躍力は世界最高といっても言い過ぎではなく、彼の名前を世に知らしめた。決定力の乏しさからその後キャリアは停滞しているが、今大会には「10番」を付けて参加する。

エリック・トーレス

代表チーム:メキシコ
所属チーム:ヒューストン・ダイナモ(アメリカ)

コンフェデに出場したメキシコは今大会、国内組主体のBチームで臨んでいるが、唯一国外から参加するのが“クボ”の愛称を持つトーレスだ。

彼は各年代のユース代表に選出されてきたエリートで、同じチバスの先輩である“チチャリート2世”として期待を集めてきた。ただイマイチ伸び悩んでおり、今回もアラン・プリドの負傷による代替出場となるが、ここから再び脚光を浴びられるだろうか。