マンUへの移籍が確定したルカク

写真拡大

ベルギー代表で元エヴァートンのFWロメル・ルカクは、スポーツチャンネル『ESPN』のインタビューで「マンチェスター・ユナイテッドのオファーを断ることはできない。世界最高のクラブだ」と語った。

【関連記事:ルカク 110億でマンU移籍】

「迷うことは無かった。世界最高のクラブに“No”という者などいるかい?」とルカクは語った。

「ユナイテッドでプレーして歴史の一部になることができるのが嬉しい。ユナイテッドは英国一のスタジアムを所有しており、サポーターも最高だ。これはパーフェクトなチャンスだ。僕はいつも優勝争いに食い込むクラブでプレーしたいと語ってきた。マンチェスターの歴史を見れば、このクラブの事がおのずと分かる。僕はこのチャンスに感謝している。」

24歳のフォワードであるルカクは「今後これ以上に努力したい」と抱負を語った。

「モウリーニョが僕の成長をサポートしてくれるだろう。彼はどのように選手を育てるか、勝利のメンタリティを持った選手にするかということをよく知っている。僕にとってはパーフェクトなチャンスだ。今24歳で、まだ重要なチャピオンズリーグで優勝したことがない。優勝候補のクラブの一員となりたい。モウリーニョは僕の夢を叶えてくれる人だ。」

エヴァートンで計71試合中133ゴールを決めたルカクは、来シーズンから新生ユナイテッドを牽引する存在となるだろう。