エレガントかつ高機能を実現した「シチズン エクシード」40周年記念モデル

写真拡大 (全5枚)

1977年に誕生して以来、「確かな品質」「洗練されたデザイン」をコンセプトにシチズンの高級ドレスウオッチとして、常にトップレベルの技術とエレガントさを追求してきた「エクシード」。誕生40周年を迎えた2017年、エレガントさを究極まで追い求め、シチズンが持ち得るあらゆる技術を投入し、3針でありながらケース厚4.5弌弊澤彙諭砲鮗存修靴40周年記念モデルの薄型光発電エコ・ドライブウオッチが発売されます。

▲AQ5000-56E

薄型時計を追求し、様々なモデルを発売してきたエクシード。1982 年にケース発表したケース厚2.88mmの薄型クオーツ時計をはじめ、2006年にはケース厚6.7mmの世界最薄フルメタルエコ・ドライブ電波時計、そして 2015年にスーパーチタニウムでケース厚7mmの世界最薄フルメタルエコ・ドライブ電波時計などを世に送り出して来ました。

▲AQ5004-55A

薄型アニバーサリー40周年記念モデルのポイントは、時計に正確な時間を求める日本のビジネスマンに向けで、あえて3針でのエレガントさを追求。こだわりは、秒針の存在とその動きです。中3針ではなく6時の位置に秒針を置くことで、文字板のアクセントとし、秒針が独立して動く、個性的でエレガントな表情を持つモデルに仕上がりました。

▲AQ5000-13A

シチズン独自の技術“スーパーチタニウム”ケース&バンドで、腕元をエレガントに見せるよう計算し尽くした、ジャストなサイズ感とのびやかなケース&バンド。

美しく磨かれた純チタニウムに独自の表面硬化技術(デュラテクト)を施すことで、ステンレスの5倍以上キズに強くなると共 に、金属アレルギー体質の人も安心して着用することができます。3モデル 24万〜25万円(税別)です。

>> シチズン「エクシード 40周年記念モデル」

 

(文/&GP編集部)