すごい!なんと17歳の若手が、トップチームのキャプテンに就任!

写真拡大

7月に入ったことで、各クラブともに新シーズンに向けて動き始めている。

そんななか、驚きの発表を行ったチームがあった。オランダ2部フォルトゥナ・シッタートは、17歳の選手にキャプテンを託すと発表したのだ。

Onze nieuwe #captain #Perr #Schuurs #17jaar en #homegrown and #secondcaptain #Chris #Braun
Fortuna Sittardさん(@fortunasittard.nl)がシェアした投稿 -

2017-18シーズンのキャプテンになると指名されたのは、DFのペール・スフールス(写真右)。彼は1999年生まれの17歳だ。

身長191cmを誇る大型DFで、昨季デビューすると24試合に出場。その期間において、非常に強い印象を残したという。なんでもリヴァプールがトライアルに招待したほどだったそう。

サンデー・オリセー(フォルトゥナ・シッタート監督)

「非常にシンプルなことだよ。もし(キャプテンを務めるのに)十分ならば、年齢も問題ない。

ペールを選ぶという選択は、スタッフ全員に受け入れられた。

彼はすさまじいハードワークをしているし、我がクラブのユース上がりの選手でもある。ペールは自らでそれを手に入れたんだよ」

なお、写真左はスフールス不在時にキャプテンを務める、25歳のドイツ人DFクリストファー・ブラオン。

現リヴァプール所属のDFママドゥ・サコも、PSG時代には17歳でキャプテンに指名された。若すぎる選手には過度なプレッシャーにもなりかねないが、果たして…。