ヴェイユの死を報じ、特集を掲載する雑誌の数々。パリのキオスクにて(筆者撮影)


 ナチス・ドイツのアウシュヴィツ強制収容所からの生還者、シモーヌ・ヴェイユが6月30日、パリの自宅で89歳で亡くなった。

 ヴェイユは厚生相時代に、聖母マリアの母性を尊重するカトリック信者が多いフランスでタブー中のタブーだった「中絶」の法制化(1975年)を実現した。また、初の女性の欧州議会議長(79〜82年)として欧州統合を前進させ、「フランスで女性大統領が誕生するなら、この人」とも言われた。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「激動の20世紀の戦士」だった

 マクロン大統領はヴェイユの訃報に接し、「我々同胞に手本としての刺激を与えることができたフランスで最高の人物」という声明を発表した。

 7月4日にパリ市内のアンバリッド(廃兵院)で催された国葬では、「我々は、彼女のこの苦悩を決して理解できない。我々はこの人生も決して理解できない。正義と善に向けての深淵からの躍進や、勝利へのあくなきエネルギーにも圧力をかけることができない」とヴェイユの一生を称え、彼女がまさに「激動の20世紀の戦士」であったことを強調した。

 そして、偉人が祀られているパリ市内の「パンテオン(万神殿)」に合祀することを発表した。パンテオン入りは、人権団体などが十数万の署名を集めて大統領に要請した結果だ。女性ではノーベル賞を2回受賞したマリ―・キュリーらに次いで5人目(男性は72人)である。

もしも大統領選に出馬していたら

 ヴェイユは1927年、南仏ニースに生まれた。父親は建築家。4人兄弟の末っ子として幸福な少女時代を過ごしたが、バカロレア(大学入学資格試験)を16歳で獲得した直後、ユダヤ系ゆえに一家は逮捕され、ナチスの強制収容所に送られた。生還したのは彼女と姉の2人だけだった。収容所で腕に彫られた囚人番号は生涯、消さなかった。

 その後、司法試験に合格して検事となる。1974年にはジスカールデスタン大統領の誕生とともに厚生相に就任。そして、半年後に「中絶解禁法」を提出した。当時、フランスでは年間約300人の女性が闇の中絶手術で命を落としていたという。

 中絶解禁法に対しては、与党議員の中にも「赤子を殺すのか」と反対する者がいたが、ヴェイユは「強制収容所収での『悲嘆』を知っている者が、殺人に安易に加担すると思うのか」と反論し、3日間の徹夜審議の末に可決された。

 79〜93年には欧州議員を3期務め、その間(79〜82年)、初の女性議長に選出され、特別な思いがあるはずのドイツと協力して欧州統合の推進役も担った。「憲法の番人」の憲法評議間の委員(98〜2007年)にも就任。さらに、2010年には終生会員のフランス学士院会員に選出された。2008年刊行の自伝『ある人生』は大ベストセラーになった。

 各種世論調査では、厚相時代から常に「好ましい人物」のトップクラスに名を連ね続けた。大統領選に出馬していたら、出身母体の中道右派と右派の票を集めて当選していた可能性は十分にある。

ルペンとは何から何まで正反対

 5月の仏大統領選では、極右政党「国民戦線」(FN)のマリーヌ・ルペン党首が決戦投票に進出し、無党派のグループ「前進!」のリーダー、エマニュエル・マクロンと争った。ヴェイユとルペンは何から何まで正反対の立場だ。大統領選でルペンに投票した約1000万人は今、ヴェイユとルペンとの違いを痛感しているかもしれない。

 ルペンの父親でFNの創立者ジャン=マリ・ルペン氏は反ユダヤ主義者の人種差別者である。アウシュヴィッツ収容所などの「ガス室」に関して「歴史の些細な出来事」と言い放った発言をはじめ、人種差別的発言を繰り返している。フランスの刑法では人種を含めたあらゆる「差別」を禁止しているが、ルペンは罰金刑の有罪判決を何度も受けたことがある確信犯だ。

 ルペンは「反ユダヤ」などを口にするあからさまな人種差別者ではない。だが、高失業率やテロ、治安悪化などの諸悪の根源は「欧州」「欧州連合(EU)」にあるとする「反欧州主義者」だ。シェンゲン協定(欧州の加盟国の間で人や物の行き来を自由にする協定)にも反対しており、「確固たる欧州主義者」のヴェイユ氏とはまったく立場を異にする(ただし、大統領選の決戦投票での大敗を受けて、ここに来て「反欧州」路線の見直しを図ろうとしている)。

60年後もつきまとったガス室の煙の色

 ヴェイユには 厚相時代の79年と欧州議員に3選された直後の89年に、たまたま他の取材で訪仏した折にインタビューしたことがある。仕事への熱意を込めた緑色の瞳の強い眼差しと、シャネルのスーツを着こなしたシックな姿が印象的だった。

 しかし最も忘れ難いのは、2005年1月27日のアウシュヴィッツ解放60周年の際、吹雪が降りしきる厳寒の野外の式典で、生還者として挨拶した言葉だ。彼女は「人間は、他者の憎悪と戦うために団結する必要がある」と強い調子で語った。

 ジャック・シラク大統領(当時)にフランスから同行して来ていた記者たちには、「60年後の今も、常にあの風景、におい、叫び、侮蔑、殴打の音、ガス室の煙によって鉛色になった空がつきまとって離れない」と打ち明けた。

「ヴェイユの訃報が大統領選直前だったら、ルペンが決戦投票に進出できたかどうか。ヴェイユの思い出が、ルペンの支持者の熱に冷水を浴びせる結果になったろう」とは、大手仏紙の第一線で活躍する政治記者の指摘だ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:山口 昌子