婚活してるはずが逆効果!? 結婚が遠のく「非婚活女子」になっちゃうのはこんな人!

写真拡大

婚活しているつもりなのに、実は逆効果になっていたら…?

声だけで、ベストな“結婚相手”が見つかる! 簡単「婚活モテ声」テク【動画レッスン付き】

「早く結婚したーい」と願うあまり、間違った方向に進んでしまっている女子、あなたの周りにも心当たりはありませんか。

今回は、そんな「あるある」から、婚活どころか非婚活になってしまっている女子たちの行動を5つお伝えします。

1.(理想の相手なのかを早く見極めたくて)出会った男に上から目線で批判ばかりしてしまう

「◯◯くんは、もうちょっとファッションを変えたほうがいい」「△△くんは話す声が小さすぎ」などなど、彼氏でもないのに出会ったばかりの男子たちに“上から目線”まがいな批判ばかりしちゃう女子、います。

これ、婚活女子としては「理想の相手なのかを早く見極めたくて!」という本音が隠れていることも多いのですが、周りからは「あーあ。この子はこれだから結婚できないんだよなぁ」なんて内心でため息をつかれている典型です。

「ここが残念! これさえ直してくれれば合格」なんて本音があっても、本人を批判しちゃうのは婚活的にはNGなのです。

2.(誰でもいいから結婚したい本音が出て)「給料が低い男でもいい」と面と向かって言ってしまう

「どうしても今年中に結婚!」などの焦りを抱えていると、「もう誰でもいい! 贅沢は言わない!」と、割り切り始める女子も。

それまでは「結婚するなら私より年収が高い彼がイイ」「少なくとも700万は稼いでいてほしい」と条件を出していたのに、「もう、年収なんて関係ないわ! 私を愛してくれれば誰でも可!」と急にストライクゾーンが広がるタイプ。

その結果、「誰でもいいから結婚したい」という本音が出て、本人の前でも「私、給料が低い男でもいいんだ〜」なんてポロリ…。

これ言われた男子は「給料低くて悪かったな!」と反発したくなるものなんですって。

3.(責任をとらせたくて焦り)すぐ肉体関係を持ってしまう

まだ交際すらまともにしていないのに、「この人でイイ! 早く結婚を決意させたい」なんて焦りがあると、すぐに肉体関係を持ってしまう婚活女子も…。既成事実を作り、男子に責任を取らせるような形で結婚に持ち込もうとするパターンです。

けれど「単なる軽い女に見えてしまう」(33歳)、「体の関係持った途端に結婚の話してくる女子には萎える」(29歳)などなど、男子にはかなり不評。

ちなみに「責任とってほしくてカラダ張ったくらいで結婚する男子なんて、むしろそこには愛がないからダメでしょ」なんてバッサリ言い放った女子(38歳)も…。

4.(家庭的なのをアピールしたくて)出会ったばかりなのに「今度お料理作るね!」とアピールしてしまう

「家庭的な女子=イイお嫁さんになりそう」という一般論はあるものの、出会ったばかりなのに「今度、私がお料理作るね!」を言ってしまうと、男子たちをビビらせることもあります。

出会ったばかりで交際にも至っていない男子たちからすると、「“本人より、まずは胃袋を掴みたい”魂胆が見え見え」(32歳)。

「付き合っていない女子からコレ言われると、単に家に呼びたいだけだと思ってしまう」(33歳)なんて本音までありました。

家庭的アピールは、付き合っている彼氏にしてこそ結婚に近づく道なのです。

5.(いい年齢なのに余裕を演出したくて)「結婚はそんなにしたくないんだよね〜」と口走ってしまう

適齢期もとうに過ぎ、もはや“行き遅れ組”に差し掛かりそうだと感じたとき、オトナの女子ほど変に余裕を演じたがってしまうのも「あるある」。

そこで、いい年齢なのをコンプレックスに感じ、相手に余裕を演出したくて「結婚は、そんなにしたくないんだよね〜」と口走ってしまったり…。

“がっついていない私”を出したい意図はよく伝わりますが、これを口にすると言葉通りに受け取る男子も多く、婚活男子の中にはその時点で対象から外す人も少なくないから要注意なのです。

「結婚に興味ないってわかったら、その子を少し気に入っていても他にいくね」(33歳)と言っている男子の声からわかるのは、婚活を意識している男子ほど“可能性のありそうな女子”に狙いを定めているということ。

「結婚したい」「婚活中です」を積極的にアピールする必要はないけれど、変に隠しすぎるのも逆効果なのです。

今回は、婚活しているつもりなのに、実は非婚活路線に進んでしまっている女子の「あるある」を5つご紹介しました。

本人は婚活しているつもりでも、行動が非婚活になってしまっていたら遠回りですよね。

あなたの周りに、こんな非婚活女子に心当たりがあるなら、ひっそり軌道修正してあげると喜ばれるかも!?