「空心菜と豚肉の四川風炒め」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:石原洋子 撮影:岡本真直

写真拡大

シャキシャキとした歯ごたえを楽しめる空心菜は今が旬。東南アジア料理や中華料理ではポピュラーな野菜で、炒め物やスープなどさまざまな料理に使われてます。今回は、ちょっぴりほろにがの空心菜を味わう料理5品をご紹介。鮮やかな緑色が彩りを添えてくれるので、お弁当のおかずとしてもおすすめですよ。

「空心菜とベーコンのカレー炒め」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:舘野鏡子 撮影:福岡拓

■ 【空心菜と豚肉の四川風炒め】(125Kcal、塩分1.6g、調理時間10分)

<材料・2人分>空心菜 1束(80g)、豚薄切り肉 50g、下味(酒 小さじ1/2、しょうゆ 小さじ1/2、しょうが汁 少々、片栗粉 小さじ1/2)、豆板醤 小さじ1/3、合わせ調味料(酒 小さじ2、しょうゆ 小さじ2、塩 少々、こしょう 少々、ごま油 少々)、サラダ油

<作り方>

1. 空心菜は4〜5cm長さに切って葉と茎に分け、水にひたす。豚肉は細切りにして下味の材料をからめる。葉と茎をひたすことで、よりシャキッとした食感に。

2. フライパンに油小さじ1を熱して豚肉を炒め、火が通ったら取り出す。続けて油小さじ2、豆板醤を入れて弱火で炒め、香りが出たら水けをきった空心菜の茎を強火で炒める。しんなりしたら葉を加え、豚肉を戻し入れ、合わせ調味料を回し入れて炒め合わせる。

空心菜を葉と茎に分け、炒める時に時間差をつけてフライパンに加えるのが食感を生かすポイント。ごま油の香りが立った豆板醤入りのピリ辛味はご飯に合うだけでなく、お酒のおつまみとしてもおいしく食べられます。

■ 【空心菜とベーコンのカレー炒め】

カレーの風味に空心菜のほろ苦さがぴったり。調理時間わずか5分なので、ささっと作れるのがうれしいですね。

■ 【空心菜のオイスター炒め】

シンプルに空心菜のうまみを感じられる1品。合わせ調味料はよく混ぜ、片栗粉が底に沈んでしまう前に使います。

■ 【空心菜の牛肉巻き】

生のままの空心菜を牛肉に巻いてふっくらとしたロールにします。焼くときは巻き終わりを下にすればほどける心配がありませんよ。

■ 【空心菜のごまびたし】

加熱が進んでしまわないよう、空心菜はゆでたらすぐに冷水にとって冷まします。だしが効いている優しい味わい。

空心菜は乾燥に弱く、すぐにしなびてしまいます。買ってきてすぐに使わない時は、水を含ませたキッチンペーパーなどでくるんだ上、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存。冷凍保存はせっかくの食感が損なわれてしまうので、避けた方が無難ですよ。