フォルクスワーゲン、クーカ社と共同で電気自動車と充電設備を接続するロボットの開発に取り組むと発表
ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲン(VW)と産業ロボット大手のクーカ(KUKA)社は7月7日、提携関係を拡大し、共同で電気自動車(EV)や自動運転車の支援を行うロボットを開発すると発表した。

この欧州最大の自動車メーカーは昨年、EVと新しいモビリティ・サービスへ巨額な投資のシフトを行うと発表。ディーゼル車排出ガス不正問題を克服しようとしている。

KUKAは中国の大手家電メーカー、ミデア・グループ(美的集団)に買収されたが、ロボット技術を使ってEVが自動的に充電設備と接続するシステムをVWと共同で開発するという。

VWが発行したニュース・リリースによれば、「ドライバーは所定の位置にEVを駐車するだけで、あとはロボットが充電ケーブルをクルマにつないでくれる」そうだ。また、両社では他のコンセプトも開発中であると付け加えている。

※この記事は『Reuters』に掲載されたMaria Sheahan記者の記事を転載したもの。

By Reuters

翻訳:日本映像翻訳アカデミー