大ブレイクから3年…無所属になったGKオチョア、スタンダール移籍!

写真拡大

2014年のワールドカップで一躍世界に名を知らしめたメキシコ代表GKギジェルモ・オチョア。31歳になった彼の新天地が決まった。

ベルギー1部のスタンダール・リエージュが契約に合意したと発表したのだ。

ワールドカップ出場時には無所属だったオチョアはその後、マラガへ移籍。昨季はグラナダにローンされると38試合に出場したものの、マラガとの契約満了に伴い再びフリーとなっていた。

オリヴィエ・ルナール(スタンダールSD)

「ギジェルモには素晴らしい国際経験がある。2014年のワールドカップで素晴らしいことをやり遂げた。

ギジェルモは新たな挑戦への準備が出来ているし、我がグループに多くのものをもたらしてくれるのは間違いないだろう」